保険料をあと2万円以上、安くできる「お得ワザ」とは?

クレジットカード払いで保険料2万円節約!おすすめカードベスト3

年間の保険料をあと2万円以上、安くできる「お得ワザ」とは?

考える

 

「保険料、もっと安くならないかなあ・・・」

 

マイホームに次いで最も大きな買物と言われる保険料は、どうにか少しでも安く済ませたいものですね。

 

当サイトでは、保険料を含めた普段の様々な支払いを節約するお得ワザとして「ポイント還元率の高いクレジットカードを使う」ことをおすすめしています。

 

入会費&年会費が無料でポイントが使いやすく、審査の通りやすいカードを選べば、年間で保険料を2万円以上も手軽に節約できます。

 

では今おすすめのクレジットカードとその特徴、選び方はどうなっているのでしょうか?

 

結論から言えば、今最もおすすめなのはヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)、楽天カード、リクルートカードの3つです。

 

 

3カード

 

 

それぞれの選び分けは以下の通りです。

 

  • Tポイントを普段から使える人 → ヤフーカード
  • 楽天のサービスを普段から使う人 → 楽天カード
  • ポンタを普段から使える人 → リクルートカード

 

その理由とそれぞれのカードの特徴、そしてクレジットカードで自動車保険料を支払うことのメリットについて以下に述べていきます。

 

 

 

「ポイント還元率の高いクレジットカード」を使えば、大きな節約になる!

カードで払う

 

お店での支払いに現金を使わずに済む便利さが魅力のクレジットカード。

 

支払いがスムーズになるだけでなく、利用金額に応じてポイント還元がされるのがクレジットカードの最大のメリットでもあります。

 

例えば、毎月の以下の支払いにポイント還元率1.0%のクレジットカードを使うと節約できる金額は以下の通りとなります。

 

 

  • 保険料:30,000円
  • 通信費(携帯・パソコン):30,000円
  • 光熱費(電気・ガス・水道):30,000円
  • ガソリン:15,000円
  • 食費:60,000円
  • 雑費:20,000円
  • 合計:18万5000円×12ヶ月=222万円

 

ポイント還元:222万円×1.0%=22,200円

 

 

このように、年間2万円以上が節約できます。

 

クレジットカードはカードごとにポイント還元率やもらえるポイントの種類が異なっており、年会費も有料と無料のものがあります。

 

節約を考えた場合のクレジットカード選びで大事なのは以下の4点です。

 

  • 入会費&年会費が無料
  • ポイント還元率が高い(平均は0.5%)
  • 使いやすいポイントがもらえる
  • 審査に通りやすい

 

そして現在、これらの基準を満たすクレジットカードはヤフーカード(Yahoo !JAPANカード)、楽天カード、リクルートカードの3つです。

 

 

3カード

  還元率 ポイント種類
ヤフーカード 1.0% Tポイント
楽天カード 1.0% 楽天ポイント
リクルートカード 1.2% リクルートポイント(ポンタに交換可能)

 

 

それぞれの特徴を以下に述べていきます。

 

 

Tポイントが最も貯まる!ヤフーカード

カード

 

まず、ポータルサイトでも有名なYahoo! JAPANグループから発行されているヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

 

このカードの最大のメリットは、Tポイントが最も高い還元率(1.0%)で付与される点にあります。

 

 

Tポイント

 

 

Tポイントとは、いま最も普及している共通ポイントサービスのひとつであり、TSUTAYA、ファミリーマート、吉野家、ソフトバンクなど豊富な加盟店で使えるのが特徴です。

 

ヤフーカードは「Tポイントカード一体型クレジットカード」ですので、Tポイント加盟店で支払いに使うと「クレジットカード払いによるポイント」に加えて「Tポイントカード提示によるポイント」の二重取りが可能となります。

 

例えばファミリーマートでヤフーカードを使うと、「カード払いによるポイント(1.0%)」+「Tポイントカード提示によるポイント(0.5%)」で還元率は1.5%になります。

 

またヤフーカードは、ネットショッピングサイト「ヤフーショッピング」で使うといつでもポイントが3倍の3.0%になります。

 

 

3倍

 

 

楽天やAmazonに迫る勢いで成長を続けるヤフーショッピングで高いポイント還元が受けられるのも大きなメリットです。

 

入会審査も最短2分で審査が完了するというスピードの早さで有名ですので、「Tポイントを普段から使える」という方にとってはヤフーカードがベストです。

 

 

↓ヤフーカードを公式サイトで確認する↓

 

 

 

楽天ユーザーに最強!楽天カード

楽天カード

 

楽天市場でのお買物など、楽天グループのサービスを日常的に使う方なら楽天カードが最もおすすめです。

 

楽天カードによる支払いでもらえる楽天ポイントは、楽天グループすべてのサービスで利用可能です。

 

 

ポイント

 

 

楽天カードの最大のメリットは、豊富なポイントアップキャンペーンにあります。

 

楽天カードは日常的に様々なポイントアップキャンペーンを行っており、例えば現在、楽天カードを使って楽天市場で買い物をするとポイント還元率が最大で7倍にもなります。

 

 

7倍

 

 

もともとの還元率1.0%でも十分お得ですが、これらのポイントアップキャンペーンを積極的に利用することで、さらにお得にポイントを貯めていくことが可能です。

 

年会費無料&審査の通りやすさにも優れていますので、楽天のサービスを普段から利用している方ならぜひ持っておきたい一枚です。

 

 

↓楽天カードを公式サイトで確認する↓

 

 

 

ポンタ&還元率1.2%!!リクルートカード

カード

 

リクルートカードの最大のメリットは、「ポンタ」が1.2%とより高い還元率で貯められる点にあります。

 

 

ポンタ

 

 

ポンタとはTポイントに並んで加盟店の多い共通ポイントサービスで、ローソン、ビックカメラ、ケンタッキーなど多くのお店で使えます。

 

リクルートカードによる支払いで付与されるのはリクルートポイントであり、これをポンタに交換するというひと手間が必要となりますが、ヤフーカードや楽天カードよりも高い還元率1.2%が魅力的です。

 

 

交換

 

 

このカードも年会費は無料で審査も通りやすくなっています。

 

「ポンタを普段から貯めている」という方なら、ぜひ検討してみたい一枚です。

 

 

↓リクルートカードを公式サイトで確認する↓

 

 

 

クレジットカードって危なくない?セキュリティはどうなの?

コールセンター

 

クレジットカードを持つ際に多くの方が気にするのが、他人に盗まれたりカード情報を読み取られて勝手に使われてしまう「不正利用」です。

 

「クレジットカードって危険かも?」と感じてる方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ここで挙げた3つのカードは不正使用されても保険によってカバーする盗難保険がついています。

 

 

「万が一カードが不正使用されても、ご連絡いただいた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額をYahoo! JAPANが補償しますので、ご安心ください」

 

※ヤフーカードの公式サイトより引用

 

 

カードの利用状況は専用アプリ、専用サイトでいつでも確認でき、メールでも毎月報告してもらえます。

 

 

明細

 

 

クレジットカードに慣れていない方は何となく「怖い」「危ない」というイメージを持ちがちですが、これらをきちんとチェックしておけば実は現金を持ち歩くよりも安全度は高いとも言えます。

 

私自身もクレジットカードですべての支払いをするようになってからは、毎月の出費を簡単に把握できるようになったので、無駄な出費は減らせるようになりました。

 

 

まとめ

 

保険料を含めた、普段の支払いをなるべく高還元クレジットカードで行うことで、年間で2万円以上を節約することが可能となります。

 

そして「ポイントの貯めやすさ、使いやすさ」「審査の通りやすさ」に現在、最も優れているのがヤフーカード、楽天カード、リクルートカードであり、選び分けは以下の通りです。

 

 

  • Tポイントを普段から使える人 → ヤフーカード
  • 楽天のサービスを普段から使う人 → 楽天カード
  • ポンタを普段から使える人 → リクルートカード

 

 

入会費&年会費もずっと無料で、入会するだけで5000円以上のポイントがもらえたりもしますので、「とりあえず作っておく」という気持ちからでも気軽に申し込んでみるのも良いと思います。

 

賢い節約方法のひとつとして、これらのクレジットカードの入会&活用をおすすめします。

 

 

ヤフーカードを公式サイトで確認する

 

楽天カードを公式サイトで確認する

 

リクルートカードを公式サイトで確認する

 

 


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング