郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー

B評価:郵便局の学資保険はお得で安心?はじめのかんぽ評判レビュー

2017年5月更新:はじめのかんぽ評価レビュー

ヘッダー はじめのかんぽの評価 

 

 

郵便局で入れる学資保険!

 

 

学資保険と言えばニッセイなど民間の大手保険会社が有名ですが、郵政民営化するまで国営だったかんぽ生命にも学資保険商品があります。

 

それが「はじめのかんぽ」です。

 

かんぽ生命の保険商品は郵便局で取り扱っていて安心、信頼のイメージが強く、それぞれの地域に密着しているため契約数は世界一と言われるほどの規模となっています。

 

しかし学資保険に関して言えば、最も重要視すべき返戻率(戻り率)が低めであるため、当サイトでは平均的なB評価のランキングづけとしています。

 

ただし「郵便局で入れる学資保険」という安心感をより重視する方であれば、検討する価値はあると言えます。

 

以下に、かんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」の内容と他社商品と比較して見える違いについて述べていきます。

 

(最終更新:2017年5月)

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

スポンサーリンク

 

 

主な保障内容と特徴

公式サイト 

 

まず、「はじめのかんぽ」の主な内容と加入例は以下の通りです。

 

 

はじめのかんぽ(かんぽ生命)の加入例
公式ページ 

■学資金:100万円
■支払い期間:0〜18才まで
■保険料:4880円/月
■返戻率:94.9%
■配当:あり
■育英年金:なし
■医療保障:特約として付加可能

 

※加入年齢30才/月払いで計算

 

 

 

そもそも学資保険は、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才まで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ 

 

 

また、保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

 

つまり貯蓄+保障の保険です。

 

 

学資保険は返戻率を重視した「貯蓄型」と、死亡保障や医療保障を重視した「保障型」に分けられ、当サイトでは学資保険は返戻率が最も大事との観点から「貯蓄型」をおすすめしています。

 

参照
そもそも学資保険って何?その仕組みと必要性

 

 

「はじめのかんぽ」もこの「貯蓄型」に分類され、返戻率の良さが最大のアピールポイントとなっています。

 

この商品の特徴は以下の4つとなります。

 

 

貯蓄性重視の学資保険である

貯金 

 

学資保険の目的には大きく分けて「教育資金を増やすこと」「死亡や医療費の保障」の2つがあります。

 

つまり貯蓄+保障です。

 

「はじめのかんぽ」の場合は親の死亡時の保険料支払い免除のみを保障とすることで貯蓄性を高めることができます。

 

つまり、貯蓄性重視の学資保険と言えます。

 

ただし後に他社商品と比較して示すとおり、「はじめのかんぽ」の返戻率は他の保険会社の学資保険と比較して決してトップクラスとまでは言えません。

 

 

学資金の受け取り方は3通り

 

「はじめのかんぽ」は、3種類の学資金の受け取り方法があります。

 

  • 大学入学時の準備コース(18才時の1回のみ)
  • 小中高+大学入学時の準備コース(6,12,15、18才の4分割)
  • 大学4年間の準備コース(18、19、20、21才の4分割)

 

基本的に学資保険は、保険会社にお金を預けている期間が高いほど返戻率も高くなります。

 

「はじめのかんぽ」も「大学4年間の準備コース」が最も返戻率が高くなり、この中では最もおすすめです。

 

 

保険料の払い込み方法は2種類

 

保険料の払い込み方法は「0〜18才」「0〜12才」までの2種類から選ぶことができます。

 

基本的に学資保険は保険料の払い込み期間が短いほど返戻率も高まります。

 

先述の加入例では返戻率105.9%となりましたが、「0〜12才」払いを選ぶことで返戻率は111.4%まで高めることができます。

 

短期で払うぶん毎月の保険料負担も大きくなりますが、より返戻率を高めたい場合には「0〜12才」払いがおすすめです。

 

 

医療保障ありだが不要

女性 

 

「はじめのかんぽ」は、医療保障を特約として付加することができます。その主な内容は以下のとおりです。

 

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 長期入院一時金

 

決して内容は悪くないのですが、医療保障を付加するとどうしても返戻率は下がってしまいます。

 

学資保険の最大の目的は教育資金を増やすことにありますので、医療保障はつけないプランがおすすめです。

 

 

他の高評価商品との違いはどこにある?

比較 

 

では、他社の学資保険商品と比較した場合に「はじめのかんぽ」はどう違うのでしょうか?

 

当サイトでは現在、学資保険の上位トップ5を以下としています。

 

 

2017年学資保険トップ5
商品名 返戻率の目安 配当 特徴
学資保険スクエア(ソニー生命)

110.3%

×

18年プランでトップの返戻率
こども共済 学資応援隊(JA共済) 104.7%(年払い時)

年払いで返戻率アップ 配当あり
ニッセイ学資保険(日本生命)

104.0%

18年プランで配当あり。
つみたて学資(明治安田生命)

102.7%

×

15年プラン。受け取り総額280万円以上だと高額割引適用で返戻率アップ
みらいのつばさ(フコク生命)

101.7%

17年プラン。配当あり兄弟割引で返戻率アップ

 

 

学資保険で最も重視すべきは返戻率であり、このトップ5も返戻率トップ5とほぼイコールです。

 

参照
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率を重視すべき理由とは?

 

 

「はじめのかんぽ」は、スタンダードな「18年/月払い」プランだと返戻率は94.9%と元本割れとなっており、トップ5商品と比較して低くなっており不利です。

 

「郵便局で加入できる学資保険」であることに強いメリットを感じないかぎり、現状では積極的に選ぶ理由はありません。

 

ちなみに、近年のマイナス金利政策の影響を受けて、多くの商品は改定が行われて返戻率は低下する傾向にあります。

 

現在は「学資保険スクエア」(ソニー生命)が返戻率では現在最も有利となっており、まず検討してみたい商品と言えます。

 

 

公式ページ 

 

参照
高い返戻率!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー

 

 

ただし、配当の有無など他にも検討すべき要素はいくつかありますので、見比べたうえで選び分けていきたいところです。

 

参照
返戻率重視で選ぶ!おすすめ学資保険ランキング

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

「郵便局で入れる学資保険」という安心感を感じさせる「はじめのかんぽ」。

 

ただし、学資保険で最も重視すべき返戻率は低めとなっているのが現状であるため、当サイトではB評価の平均的なランキングづけとしています。

 

学資保険商品を検討されるなら、当サイトで高評価しているその他の学資保険商品のレビューもご参照して選ばれることをおすすめします。

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

 

B評価

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



関連ページ

A評価:返戻率トップクラス!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー
B+評価:配当あり&返戻率高め ニッセイ学資保険評価レビュー
B評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
B評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B評価:年払いがお得!JA共済の学資保険「学資応援歌」評価レビュー
B評価:返戻率で不利 アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
結論!学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2017年版
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点
学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?
損したくない!2017年一番返戻率の高い学資保険トップ5
カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング