損したくない!今一番返戻率の高い学資保険トップ5

損したくない!2017年一番返戻率の高い学資保険トップ5

損したくない!今一番返戻率の高い学資保険トップ5

ヘッダー 今一番お得な学資保険 

 

 

学資保険で損したくない!

 

 

学資保険に加入を考えている方のほとんどは教育資金を増やしたいと考えており、少しでも得をする商品やプランを選びたいと考えていると思います。

 

しかし保険アドバイザーに相談しても、必ずしもすべての学資保険商品を扱っているわけではないので限られた中からしか選ぶことはできません。

 

学資保険において最も大事なのは貯蓄性であり、基本的に「良い学資保険」とは貯蓄性(返戻率)の高い学資保険と考えて間違いありません。

 

ここでは現在、各社から販売されているすべての学資保険を比較して選ぶトップ5の学資保険商品をご紹介します。

 

また最近は「学資保険がわりに終身保険(終身死亡保険)を選ぶ」というケースも増えつつあります。

 

終身保険を選ぶ場合のメリット・デメリット、そして終身保険を学資保険がわりにする場合はどの商品がベストかも以下に述べていきます。

 

(最終更新:2017年5月)

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

スポンサーリンク

 

 

学資保険はどうやって選び分ける?おすすめは?

 

まずそもそも学資保険は、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才くらいまで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ 

 

 

また保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、それをカバーする保障がついてきます。

 

つまり「貯蓄+保障」の保険です。

 

学資保険は大きく分けて保障を重視する「保障型」か、保障は最低限としてなるべく貯蓄性を高めた「貯蓄型」があります。

 

学資保険の最も大きな目的は教育資金を少しでも増やすことにありますので、当サイトでは基本的に「貯蓄型」をおすすめしています。

 

そして、貯蓄性を重視して選んだ現在の学資保険トップ5は以下の通りです。

 

 

2017年学資保険トップ5
商品名 返戻率の目安 配当 特徴
学資保険スクエア(ソニー生命)

110.3%

×

18年プランでトップの返戻率
こども共済 学資応援隊(JA共済) 104.7%(年払い時)

年払いで返戻率アップ 配当あり
ニッセイ学資保険(日本生命)

104.0%

18年プランで配当あり。
つみたて学資(明治安田生命)

102.7%

×

15年プラン。受け取り総額280万円以上だと高額割引適用で返戻率アップ
みらいのつばさ(フコク生命)

101.7%

17年プラン。配当あり兄弟割引で返戻率アップ

 

参照
返戻率重視で選ぶ!学資保険ランキング&評価レビュー

 

 

「良い学資保険」とは基本的に「返戻率の高い学資保険」のことであり、学資保険は基本的にこの中から選べばまず間違いありません。

 

ちなみに、近年のマイナス金利政策の影響を受けて、多くの商品は改定が行われて返戻率は低下する傾向にあります。

 

現在は「学資保険スクエア」(ソニー生命)が返戻率では現在最も有利となっており、まず検討してみたい商品と言えます。

 

 

公式ページ 

 

参照
高い返戻率!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー

 

 

ただし、配当の有無など他にも検討すべき要素はいくつかありますので、見比べたうえで選び分けていきたいところです。

 

参照
返戻率重視で選ぶ!おすすめ学資保険ランキング

 

 

「終身保険を学資保険がわりにする」という方法もある

 

また最近では、学資保険のかわりに終身保険(終身死亡保険)に加入する方法も広まりを見せています。

 

終身保険は一般的には定年を迎える60〜65才あたりまで保険料を支払って満期を迎えた後に解約して老後資金にあてるか、死後の整理金(お葬式代など)にあてる使い方が一般的です。

 

 

老夫婦 

 

 

しかし払込期間を10〜15年の短期に設定して、子供の大学入学あたりに解約するという使い方もできます。

 

終身保険も学資保険と同じく「貯蓄+死亡保障」の保険なのですが、最も大きな違いは満期を迎えてもすぐ解約せずに持ち続けることが可能であるという点です。

 

 

※アフラックの加入例
アフラックの加入例 

 

 

持ち続けてさらに返戻率を上げて、例えば結婚やマイホーム購入などまとまったお金が必要なタイミングで解約するという柔軟な使い方が可能です。

 

ただし、学資保険よりもやや返戻率が下がるというデメリットもあります。

 

学資保険と終身保険の違いを比較すると以下の通りとなります。優れている部分を色付けします。

 

 

  学資保険 終身保険(終身死亡保険)
保険料の支払い期間 0〜18才くらい 0〜18才くらい
返戻率 より高め より低め
学資金(保険金)の受け取り時期 大学入学or在学時まで(〜22才) いつでも解約して受け取れる。ずっと持ち続けて貯蓄性をさらに高めることも可能
契約者(親)の死亡時 その後の保険料支払いが免除され、予定通りのタイミングで保険金を受け取る すぐに死亡保険金が支払われる
途中解約 返戻率は9〜10割と高め 返戻率は7割以下と低め

 

 

終身保険を学資保険がわりに使うメリット・デメリットは以下の通りです。

 

 

メリット

  • 解約せずに持ち続けて貯蓄性を高めることができる
  • 結婚やマイホーム購入など、好きなタイミングで解約金を受け取れる
  • 親の死亡時にすぐ保険金が受け取れる

 

デメリット

  • 学資保険よりも返戻率が低くなる
  • 途中解約した場合の損がより大きい

 

参照
異なるメリット!学資保険より終身保険を選ぶべき人とは?

 

 

どちらのメリットをより重視するかで選び分けていくこととなります。

 

 

ただし現在、終身保険もマイナス金利の影響を受けて貯蓄性は下がっており、あまり大きなメリットはありません。

 

そんな中、現在代表的な商品として挙げられるのが「RISE」(オリックス生命)です

 

 

「RISE」公式ページ

 

オリックス生命「RISE」の加入例

  • 死亡保険金:200万円
  • 加入期間:15年
  • 保険料:8870円/月
  • 満期直後の解約返戻率:100.4%

※30才男性が加入するとして計算

 

 

それでも、保険料支払い期間を終えた直後の返戻率はほぼ100%であり、貯蓄性は決して高くありません。

 

学資金としての貯蓄性を重視するなら、やはり学資保険のほうがよりメリットが高いのが現状です。

 

 

まとめ

 

「学資保険で損をしたくない!」と考えているのであれば、最も大事なのはなるべく返戻率の高い商品、プランを選ぶことです。

 

当サイトでは、返戻率を重視した各社の保険商品の評価レビュー、ランキングづけを行っていますのでそちらもぜひご参照ください。

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



関連ページ

A評価:返戻率トップクラス!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー
B+評価:配当あり&返戻率高め ニッセイ学資保険評価レビュー
B評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
B評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B評価:年払いがお得!JA共済の学資保険「学資応援歌」評価レビュー
B評価:返戻率で不利 アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
結論!学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2017年版
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点
学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?
カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング