返戻率トップクラス!ソニー学資保険スクエアの評価

返戻率トップクラス!ソニー学資保険スクエア評判レビュー

返戻率トップクラス!ソニー学資保険スクエア評価レビュー

ヘッダー 学資保険スクエア

 

高返戻率の人気保険!

 

専門家やユーザーから長い間、高い評価を受けているのがソニー生命の学資保険「学資保険スクエア」です。

 

その一番のメリットは何といっても、110%を超える返戻率の高さにあります。

 

昨今の厳しい金利情勢の煽りを受け、かつてほどのメリットはなくなってきましたが、それでも学資保険全体で比較するとその内容はトップクラスと言えます。

 

特に学資保険でスタンダードな「月払い/18年」プランでは現在トップの返戻率となっており、学資保険への加入を考えている方ならまず第一候補として、また他社の学資保険と比較する最初の一歩として理解しておきたい商品です。

 

当サイトでもまず第一候補としておすすめしており、A+評価の高いランキングづけとしています。

 

では、ソニー生命「学資保険スクエア」はどういった内容となっているのでしょうか?他社商品と比較して見える違いとは?

 

以下に述べていきます(最終更新:2016年5月3日)。

 

 

今一番増やせるのは?2016年最新学資保険ランキング

 

スポンサーリンク

 

 

主な保障内容と特徴

公式ページ 

 

まず、ソニー生命「学資保険スクエア」の主な内容は以下の通りです。

 

 

学資保険スクエア(ソニー生命)の加入例
公式ページ 

■学資金:200万円
■支払い期間:0〜18才まで
■保険料:8392円/月
■返戻率:110.3%

 

※加入年齢30才/月払い/V型で計算

 

 

 

そもそも学資保険は、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才まで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ 

 

 

また、保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

 

つまり貯蓄+保障の保険です。

 

 

学資保険は返戻率を重視した「貯蓄型」と、死亡保障や医療保障を重視した「保障型」に分けられ、当サイトでは学資保険は返戻率が最も大事との観点から「貯蓄型」をおすすめしています。

 

参照
そもそも学資保険って何?その仕組みと必要性

 

 

「学資保険スクエア」もこの「貯蓄型」に分類され、返戻率の良さが最大のアピールポイントとなっています。

 

「学資保険スクエア」は学資金の受け取り回数と時期によってT型、U型、V型と3つのタイプに分かれており、返戻率も異なります。

 

 

  受け取り時期と回数 返戻率
T型 小6、中3、高3の3回 102.7%
U型 高3の1回 106.9%
V型 高3、大1、大2、大3、大4の5回 110.3%

※加入年齢30才/月払いで計算

 

受け取り時期が後半で返戻率が最も高くなるV型がおすすめです。

 

また「月払い/18年」プランだと上記の返戻率ですが、「学資保険スクエア」は10才までに払い終えるプランも選択可能であり、その場合は115.9%とより高い返戻率となります。

 

学資保険に限らず、ソニー生命の保険は「ライフプランナー」という専門のアドバイザーと面談して加入する仕組みになっています。

 

 

アドバイザー 

 

 

これは「自分でプランを組んで契約したい」「ネットで済ませたい」という方にはデメリットに感じるかもしれませんが、「ライフプランをより詳しく相談して決めたい」と考える方にとってはメリットと言えるでしょう。

 

ちなみに学資保険は「ドアノック商品(呼び込み商品)」と言って、学資保険以外の保険商品を販売するきっかけとされることもよくあります。

 

ですから、自分なりのライフプランもしっかりと考えて余計な保険に入り過ぎないよう注意する必要があります。

 

参照
学資保険は危険?ドアノック商品と言われる理由とは

 

 

他の高評価商品との違いはどこにある?

比較 

 

では、他社の学資保険商品と比較した場合に「学資保険スクエア」はどう違うのでしょうか?

 

当サイトでは現在、学資保険の上位トップ5を以下としています。

 

 

2016年学資保険トップ5
商品名 返戻率(月払い) 配当 特徴
学資保険スクエア(ソニー生命)

110.3%

×

18年プランでトップの返戻率。
ニッセイ学資保険(日本生命)

110.0%

18年プランで配当あり。
つみたて学資(明治安田生命)

112.6%

×

15年プラン。受け取り総額280万円以上だと高額割引適用で返戻率114.3%にアップ
みらいのつばさ(フコク生命)

110.1%

17年プラン。配当あり兄弟割引で返戻率111.4%
こども共済ステップ(JA)

108.8%

18年プラン。配当あり年払いにすると返戻率113.6%とより高くなる。

 

 

学資保険で最も重視すべきは返戻率の高さであり、このトップ5も返戻率トップ5とほぼイコールです。

 

参照
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率を重視すべき!

 

 

学資保険のプランは「月払い/18年」が主流ですが、「学資保険スクエア」はこのタイプではトップの返戻率110.3%となっていることが強みです。

 

つまりスタンダードなプランでなるべく高い返戻率を重視する方なら現在「学資保険スクエア」は第一選択肢となります。

 

ただし月払いではなく年払いにするなら「こども共済ステップ」(JA)がより有利となりますし、「15年プラン」や「学資金300万円」を望むなら「つみたて学資」(明治安田生命)も有力です。

 

また配当を重視するならニッセイ学資保険(日本生命)も有力です。

 

それぞれどこを重視するかで微妙に選び分けが異なるので、少なくともこのトップ5については詳しく把握しておきたいところです。

 

参照
返戻率重視で選ぶ!おすすめ学資保険ランキング

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

ソニー生命の「学資保険スクエア」は、数ある学資保険商品の中でもトップクラスの返戻率となっており、特に「月払い/18年」のスタンダードなプランを選択したい方にとっては第一選択肢となる商品です。

 

当サイトでもまず最初におすすめしたい商品としてA+評価のランキングづけとしています。

 

他の学資保険商品を検討する際にも「学資保険スクエア」との違いを見ていくと、より判断がしやすくなることでしょう。

 

当サイトの比較ランキング、評価レビューもぜひご参照ください、

 

参照
返戻率重視で選ぶ!おすすめ学資保険ランキング

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

 

A+評価

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



関連ページ

A評価:配当あり&高返戻率!ニッセイ学資保険評価レビュー
A評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
A評価:年払いで高返戻率!JA共済の学資保険「こども共済」評価レビュー
B+評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B+評価:幅広い使いみち!アフラック学資保険WAYS評価レビュー
B評価:返戻率でやや劣る アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
2016年 学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点
学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?
損したくない!2016年一番返戻率の高い学資保険トップ5
カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



トップページ 終身保険ランキング 定期保険ランキング 収入保障保険ランキング ベストな保険契約の方法!