2016年 学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?

結論!学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2017年版

2017年 学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?

ヘッダー 学資保険がわりの終身保険とは 

 

 

学資保険がわりの終身保険はどれがベスト?

 

 

子供の教育資金(主に大学の学費)を増やしつつも死亡保障を得ることができる学資保険。

 

しかし最近は各社の学資保険商品に加入するのではなく、終身保険(終身死亡保険)を学資保険の代わりとして使う世帯も増えてきています。

 

なぜなら「解約せずに据え置けば、さらに貯蓄性を高められる」「教育資金以外にも幅広い使い方ができる」などのメリットがあるからです。

 

では、終身保険を学資保険がわりに契約する場合、どの保険会社のどの商品がベストなのでしょうか?そしてその違い、選び分けポイントとは?

 

以下、終身保険を学資保険がわりとして使うメリット・デメリットについて述べていきます。

 

(最終更新:2017年5月)

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

スポンサーリンク

 

 

終身保険を学資保険がわりに使うことのメリット・デメリットは?

 

「教育資金を増やすため」として多くの世帯に利用されている学資保険。

 

学資保険は、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才まで保険料を払い込み、その後に一括もしくは分割で金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取ります。

 

満期金は、払い込んだ保険料の約110%が返ってきます(戻り率は各社の商品によって変わります)。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ 

 

 

また、保険料の払い込み期間中に契約者(親)が亡くなった場合は、その後の保険料支払いが免除されます。

 

つまり貯蓄+死亡保障の保険です。

 

 

一方、終身保険(終身死亡保険)も「貯蓄+死亡保障」という性質は同じなのですが、保険料を払い終えた後は必ずしもすぐ学費として解約する必要はありません。

 

そのまま解約せずに持ち続けて、さらに貯蓄性を高めることが可能です。

 

そして例えば結婚準備金やマイホーム購入費用など、まとまったお金が必要な時期を選んで解約してその資金に充てられます。

 

また契約者の死亡時にはすぐ保険金がおりるため、葬儀費用などの急な出費に充てやすい点もメリットです。

 

 

受け取りイメージ 

※アフラック公式サイトより

 

 

このように、終身保険は幅広い使いみちが可能となります。ただそのかわり学資保険と比較して返戻率はやや低めとなります。

 

優良商品どうしで比較すると、学資保険の場合、返戻率は約110〜112%であり、終身保険だと約100%程度です(大学の学費として使う時期に受け取る場合)。

 

つまり、教育資金として使うなら学資保険のほうが貯蓄性は上です(よりお金が増やせる)。

 

学資保険と終身保険の違いを比較すると以下の通りとなります。優れている部分を色付けします。

 

 

  学資保険 終身保険(終身死亡保険)
保険料の支払い期間 0〜18才くらい 0〜18才くらい
返戻率 より高め より低め
学資金(保険金)の受け取り時期 大学入学or在学時まで(〜22才) いつでも解約して受け取れる。ずっと持ち続けて貯蓄性をさらに高めることも可能
契約者(親)の死亡時 その後の保険料支払いが免除され、予定通りのタイミングで保険金を受け取る すぐに死亡保険金が支払われる

 

 

終身保険を学資保険がわりに使うメリット・デメリットは以下の通りです。

 

 

メリット

  • 解約せずに持ち続けて貯蓄性を高めることができる
  • 結婚やマイホーム購入など、好きなタイミングで解約金を受け取れる
  • 親の死亡時にすぐ保険金が受け取れる

 

デメリット

  • 学資保険よりも返戻率が低くなる
  • 途中解約した場合の損がより大きい

 

 

つまり「必ず学資金として使う」なら学資保険を選ぶべきであり、「幅広い使いみちを持ちたい」と考えるなら終身保険を選ぶべきです。

 

参照
異なるメリット!学資保険より終身保険を選ぶべき人とは?

 

 

ちなみに「ほけんの窓口」などに代表される保険ショップなどで学資保険の相談をすると「終身保険を学資保険がわりに契約してはいかがですか?」と勧められることが少なくありません。

 

 

相談 

 

 

これには先に述べたメリット以外にも理由があります。「学資保険よりも終身保険のほうが、手数料が高くなるから(より儲かるから)」です。

 

ですからアドバイザーに相談するなら、なるべくその前に「終身保険と学資保険の違い」をしっかり理解してどっちを選ぶかを先に決めておくのをおすすめします。

 

参照
「ついで勧誘」に注意!学資保険=ドアノック商品とは?

 

 

学資保険がわりの終身保険 おすすめはこれ!

 

では、終身保険を学資保険がわりとして加入すると決めた場合、どの保険会社のどの商品がベストなのでしょうか?

 

2017年、保険業界に大きな動きがありました。

 

国のマイナス金利政策の影響を受け、終身保険をはじめとした貯蓄型保険の返戻率が大きく下がりました。

 

どの商品も貯蓄性は下がり、魅力は薄れつつあるのが現状です。

 

そんな中、現在代表的な商品として挙げられるのが「RISE」(オリックス生命)です

 

 

「RISE」公式ページ

 

 

オリックス生命「RISE」の加入例

  • 死亡保険金:200万円
  • 加入期間:15年
  • 保険料:8870円/月
  • 満期直後の解約返戻率:100.4%

※30才男性が加入するとして計算

 

 

上記の例で考えると、15年間の保険料支払い期間を終えた直後の返戻率はほぼ100%であり、貯蓄性は決して高くありません。

 

現在は、学資保険の「学資保険スクエア」(ソニー生命)が返戻率では最も有利となっており、検討してみたい商品と言えます。

 

 

公式ページ 

 

ソニー生命「学資保険スクエア」の加入例

  • 学資金:200万円
  • 加入期間:18年
  • 保険料:8392円/月
  • 返戻率の目安:110.3%(払込総額約783万円 受取総額約875万円)

※加入年齢30才/月払い/V型で計算

 

 

終身保険と学資保険ではそれぞれ性質が異なります。

 

実際に「ほけんの窓口」などの保険ショップでシミュレーションしてもらい、より自分のマネープランに合っていると感じたほうを選べば良いでしょう。

 

 

まとめ

 

学資保険がわりにも使える終身保険。

 

学費、教育資金のみに縛られない幅広い使いみちが特徴ですが、返戻率では学資保険にやや劣るため、あなた自身のライフプラン、マネープランに照らしてその必要性を判断していく必要があります。

 

まちの保険ショップなどでこの3つの保険料や返戻率をシミュレーションしてもらい、あとはあなたの世帯のライフプランに照らし合わせて判断することをおすすめします。

 

また、当サイトでは各社の学資保険商品についても評価、ランキングづけをしていますので「学資保険を選びたい」という場合にはぜひこちらもご参照ください。

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2017

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



関連ページ

A評価:返戻率トップクラス!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー
B+評価:配当あり&返戻率高め ニッセイ学資保険評価レビュー
B評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
B評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B評価:年払いがお得!JA共済の学資保険「学資応援歌」評価レビュー
B評価:返戻率で不利 アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点
学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?
損したくない!2017年一番返戻率の高い学資保険トップ5
カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング