貯蓄が一番大事!生命保険の保障を最小限に抑えるべき理由とは?

貯蓄が一番大事!生命保険の保障を最小限に抑えるべき理由とは?

貯蓄が一番大事!生命保険の保障を最小限に抑えるべき理由とは?

節約

 

「30才男性なら必要保障額は約6300万円」

 

これは、ある保険会社が算出した生命保険(死亡保障保険)の必要保障額の一例です。

 

一家の大黒柱である夫が亡くなった場合でも、これだけの死亡保障額があれば今までとほぼ同様の生活水準をキープできるとして算出しているのがこの数字です。

 

しかし、当サイトはこの保障額を「高ぎる」と判断します。考え方と工夫しだいで死亡保障額はもっと抑えることが可能です。

 

当サイトのおすすめする生命保険の保障額は、500〜1000万程度としています。

 

なぜ、必要保障額にはこれだけの開きが生まれるのでしょうか?そして生命保険の必要保障額を最低限に抑えるべき理由はどこにあるのでしょうか?

 

以下に述べていきます。

スポンサーリンク

 

 

保険会社が試算する必要保障額は「最大限」の保障内容

相談

 

冒頭に挙げた「夫30才なら死亡保障金の必要額は約6300万円」という数字。具体的にその内容を見ると以下のようになります(数字は概算)。

 

<生涯支出額>

残された家族の生活費・住宅費=約1億2000万円
子ども二人の教育費=約1500万円
葬儀費用=300万円
合計=1億3800万円

 

<生涯収入額>
公的年金・遺族年金=6000万円
夫の年金=約1500万円
合計=約7500万円

 

生涯支出額(1億3800万円)ー生涯収入額(約7500万円)
必要保障額(約6300万円)

 

※夫婦ともに30才、子二人。生活費は月額30万円として計算

 

 

このような計算を保険セールスマンから見せられると、「じゃあそれくらいの金額が保障されるプランが必要だな」とつい思ってしまいがちです。

 

 

保障を手厚くすれば、保険料の負担が家計を圧迫する

元本割れ 

 

しかし、保険は手厚い保障を設定するほど保険料の負担が大きくなります。

 

最も安いタイプである掛け捨ての定期保険を契約した場合でも、6000万の死亡保障を得ようと思ったら月額10000円程度の保険料を支払う必要があり、もし保険期間中に亡くならなかったとしたら支払った保険料は一円も返ってきません。

 

また、一生死亡保障が続いて解約した際には返い戻し金(解約返戻金)が受け取れる終身保険を選んだ場合には、毎月の保険料が最低でも5万円以上となり、これも家計を大きく圧迫します。

 

そして保険料を払い続けることができずに満期を迎える前に途中解約してしまうと解約返戻金は元本割れして大幅に減ることとなり、これも大きな損となります(終身保険の解約リスク)。

 

 

考え方と工夫しだいで死亡保障額は低く抑えられる

計算する女性

 

先に挙げた必要保障額の算出例にもあったように、これまでの生命保険の基本的な考え方は「夫が亡くなっても老後までの生活を保障する」というものでした。

 

しかしそう考えると、どうしても高額な保険料が家計を圧迫します。

 

これを「夫の定年までの生活保障」と考えずに「夫の死後、生活を立て直すまでの数年の生活保障」「子どもの成人までの生活保障」と考え、妻の就業による収入や成人した子どもの収入も計算に入れると必要保障額は大きく下げて考えることが可能となります。

 

さらに、より家賃の安い地域で暮らす、奨学金制度を活用するなどの工夫も加えていけえば、死亡保障額は500万円〜1000万円でも十分対応が可能です。

 

そうすると月々の保険料支払いは、最も安い定期保険なら月1000円、最も高い終身保険でも月10000円程度に抑えることが可能となります。当サイトでおすすめするのはこうしたプランです。

 

 

<当サイト推奨の各生命保険プラン>

  保険期間 保険金額 保険料/月
定期保険 10年 1000万円 約1000円
終身保険 一生涯 500万円 約10000円
収入保障保険 55才まで 毎月10万円 約2000円

※保険料/月は30才男性として計算

 

参照
今のあなたに生命保険は必要?不要?人生のステージ別に変わる必要性

 

 

そもそも、死亡保険を手厚くかけたところでその期間中に亡くなる可能性はごく低いものであり、確率的に見ても手厚い保障をかけすぎるのは合理的とは言えません。

 

もちろん、低いからといって何の備えもしなくて良いということではありません。

 

万が一の場合でも最大限の備えを家族に残してあげたいという考え方も理解できますし、そのために高めの保険料を払うことに納得できるというのであれば、それもひとつの筋の通った考え方です。

 

当サイトで提案したいのは、生命保険は最低限の保障に抑えて、貯蓄による備えを増やすほうがより合理的という視点です。

 

 

OKする女性

 

 

万が一への備えは確かに大切ですが、必要以上に備えすぎて現在の生活が圧迫されてしまうのは、保険の本来の意味からかけ離れています。

 

貯蓄による備えをつくることのメリットは、死亡保障に限らずその他の様々なリスク、急な出費に柔軟に備えることができることです。掛け捨てで無駄にお金を失うこともありません。

 

「保険は必要最低限でいい。残ったお金を貯蓄や資産運用にまわして今の生活の充実を目指す」

 

そう考えることが「ローコストで賢く備える生命保険」を実現していくための大きなポイントとなります。

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

 

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング