終身保険の選び方&おすすめ比較ランキング!

終身保険の定期保険、収入保障保険との違い、選び分けとは?

どんな人が終身保険を選ぶべき?

笑顔の夫婦

 

終身保険はどんな人が選ぶべき?

 

家族にもしものことがあった時に生活を保障する生命保険(死亡保障保険)。

 

特に一生の死亡保障が得られ、解約した場合に払い戻し金(解約返戻金)を得ることができる終身保険(終身死亡保険)は、「掛け捨てしたくない」「老後の資産形成をしたい」と考える方にとってはぜひ検討してみたい生命保険です。

 

ただその一方「保険料が高くて子育て期の死亡保障には不向き」という特徴もあります。

 

では、どんな方が終身保険を選ぶべきなのでしょうか?その他の死亡保険との違いとは?

 

以下に述べていきます。

 

 

今一番お得&安心は?最新終身死亡保険ランキング2016

 

知ってますか?生命保険3種類(終身保険、定期保険、収入保障保険)の違いと選び方


スポンサーリンク

 

 

「3つの生命保険」とは?

 

亡くなった際に死亡保障金が得られる生命保険(死亡保障保険)には、「終身保険」「定期保険」「収入保障保険」の3種類があります。

 

 

終身死亡保険とは?

終身保険とは?

 

何才で亡くなったとしても死亡保障金が支払われるタイプの生命保険が終身保険(終身死亡保険)です。

 

60才や65才の満期まで保険料を払い込めば、その後の解約で払い込んだ保険料以上の払い戻し金(解約返戻金)を受け取ることが可能です。

 

 

終身保険グラフ

 

 

つまり、死亡保障+貯蓄と2つの機能を持っているのが終身保険の特徴です。

 

ただし、保険会社が預かったお金を運用して利益を出すために保険料が高く、途中解約すると払い戻し金が元本割れするというデメリットもあります。

 

 

終身保険のメリット

  • 保険料が掛け捨てにならない
  • 満期になれば払った以上の金額が返ってくる貯蓄性

 

終身保険のデメリット

  • 保険料が高く、死亡保障額を大きく設定しづらい
  • 満期になる前に解約すると元本割れして損をする

 

参照
終身保険比較ランキング!高返戻率おすすめ一位は?

 

 

定期死亡保険とは?

定期保険とは?

 

定期保険(定期死亡保険)は、10年や20年と保障期間を区切って死亡保障を掛け捨てで得るタイプの保険です。

 

 

定期保険グラフ

 

 

30才/死亡保障1000万円/10年定期なら保険料は約1000円/月と、短期間の保障をローコストで得られるのが大きなメリットです。

 

一方、掛け捨てで払い戻しがない、保障期間を終えるとすべての保障がなくなる、更新の際に保険料が上がることがデメリットとして挙げられます。

 

 

定期保険のメリット

  • 短期保障で考えるなら保険料が最も安い

 

定期保険のデメリット

  • 契約期間が終わると保障は一切無くなる
  • 保険料は掛け捨てなので戻ってこない

 

参照
定期保険比較ランキング!今、最もお得な商品はどれ?

 

 

収入保障保険とは?

収入保障保険とは?

 

収入保障保険とは先に挙げた定期保険の一種で、こちらも保障期間が限定される掛け捨て型の死亡保障保険です。

 

定期保険との違いは、亡くなった際に保険金を一括で受け取るのではなく、「10年後まで毎月10万円」「15年後まで毎月15万円」というように、一定の期間、お給料のようなかたちで毎月ごとに保険金を受け取る点にあります。

 

 

収入保障保険グラフ

 

 

高齢で亡くなった時ほど受け取れる保障金の総額が少なくなるぶん保険料は安く抑えられており、長期の死亡保障が欲しい場合には定期保険よりも安くなるというメリットがあります。

 

一方、定期保険なので保険期間が終わると保障が一切なくなる、保険料も掛け捨てというデメリットも持っています。

 

収入保障保険のメリット

  • 長期保障で考えるなら保険料が最も安い

 

収入保障保険のデメリット

  • 契約期間が終わると保障は一切無くなる
  • 保険料は掛け捨てなので戻ってこない

 

参照
安さ重視!収入保障保険比較ランキング

 

 

 

終身保険は「子育て期の保障」には不向き!

夫婦 

 

当サイト「あらさあ生命保険」は、ローコストで賢く備える生命保険をコンセプトにしており、生命保険も主に子育て期の保障を想定しています。

 

生命保険が最も必要になるのは子供が生まれてから成人、社会に出るまでの間ですが、これを終身保険で保障していくのは率直に言って不向きです。

 

なぜなら終身保険は保険料が高く、死亡保険金額を高く設定するのが難しいからです。

 

以下に、具体例として収入保障保険、定期保険、終身保険それぞれで3000万円の保障を得るために必要な保険料の概要を比較します。

 

 

受け取る保険金の総額

 

収入保障保険

定期保険

終身保険

加入直後に亡くなった場合

3000万円

3000万円

 

3000万円

 

加入から10年後に亡くなった場合

1800万円

加入から20年後に亡くなった場合

600万円

※30才男性で計算
※収入保障保険の保険金は月額10万円で計算

 

 

定期保険、終身保険はいつ亡くなっても共通して死亡保険金は3000万円ですが、収入保障保険は加入直後に亡くなった場合、10万円×12ヶ月×25年=3000万円をトータルで受け取ることになり、それから年々保険金額は下がっていきます。

 

上記の保険金設定の場合、それぞれのおよその保険料は以下のようになります。

 

 

収入保障保険

定期保険

終身保険

約2,000円

約4,000円

約55,000

 

 

このように、終身保険は他の2つに比べて保険料が10倍以上高くなり、大きく家計を圧迫することになります。

 

毎月の保険料を払いきれずに途中解約すれば、払った以下の金額しか返ってこない元本割れを起こします。

 

子育て期をローコストで保障するのに最も適しているのは収入保障保険であり、当サイトでも、まずは収入保障保険を検討することからおすすめしています。

 

参照
収入保障保険とは?今のおすすめは?比較ランキング&評価レビュー

 

 

資産運用のひとつとしてならアリ

 

では、どんな時に終身保険が向いているかと言うと、老後の資産形成のひとつとして考える場合です。

 

 

老後 

 

 

終身保険は3つの生命保険の中で唯一、保険料が掛け捨てにならない積み立て型の保険です。

 

支払った保険料を保険会社が運用することによって、満期以降に解約すればそれ以上の金額となって受け取ることが可能です。

 

特に今、主流なのが満期までの解約返戻率を下げる代わりに満期以降の解約返戻率を上げる「低解約返戻金型」終身保険です。

 

 

低解約返戻金型終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

 

受け取り方によっては120%以上の返戻率とすることも可能ですので、資産形成として終身保険を検討するなら、ぜひこのタイプを検討してみたいところです。

 

ただし途中解約リスクした場合に元本割れするというリスクもありますので、その仕組み、メリット・デメリットを十分把握しておく必要があります。

 

参照
貯蓄性高い!「低解約返戻金型」終身保険とは?

 

 

まとめ

 

死亡保障のみならず貯蓄性もあるのが終身保険のメリットです。

 

ただしそのかわり保険料が高く、死亡保険金額を高く設定することが困難であるため、子育て期の長期保障には不向きです。

 

終身保険は老後の資産形成のひとつの手段として考えるのが最も適切です。

 

特に返戻率を高める方法としては、今主流の「低解約返戻金型」終身保険を選ぶのがおすすめです。

 

ただし途中解約すると元本割れするというデメリットもあるため、その契約設定は慎重に行うようにしましょう。

 

ローコストで賢く備える!終身保険比較ランキングはこちらから

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング