「インフレリスク」に対応した終身保険の考え方とは?

知っておこう!終身保険で心配なインフレリスクの正しい考え方とは?

知っておこう!終身保険で心配な「インフレリスク」の正しい知識と対処法とは?

インフレに驚く男性

 

インフレリスクって何?

 

終身保険(終身死亡保険)は20〜30年と長期にわたってプランを組むことが多く、契約するなら「保険料は無理なく支払い続けていくことができるか」「死亡保障額は適切か」など、気をつけて考えたいポイントがいくつもあります。

 

その中でも、終身保険でよく言われるのがインフレリスクの問題です。

 

少し保険を勉強してみた方や、保険の営業さんに相談したことのある方なら「インフレリスクに備えて積立利率変動型がいいですよ」とか「変額保険にしておくほうが安心です」という話を聞いているかもしれません。

 

では、そもそも「インフレリスク」とは何のことでしょうか?終身保険との関連性は?そして正しい対処法とは?

 

以下に説明していきます。

 

 

今一番お得&安心は?最新終身死亡保険ランキング2016

 

知ってますか?生命保険3種類(終身保険、定期保険、収入保障保険)の違いと選び方


スポンサーリンク

 

 

インフレとは「物価が上がりお金の価値が下がる」こと

物価の上昇

 

まず、そもそもインフレ(インフレーション)とは何でしょうか?

 

簡単に言えば、物価が上がることです。

 

例えば「昔100円だったお菓子が現在200円になった」などです。

 

基本的に、国が経済成長するとモノを買う人が増えて物価は上がり、インフレとなります。

 

そして物価が上がると、同じモノを買うにもより多くのお金が必要となり、相対的にお金の価値は下がります。

 

例えば平成25年の2万円は、昭和40年の1万円の価値しかないと言われています。

 

これは物価が上がって、貨幣価値が相対的に下がったことを意味しています。

 

 

インフレが起こると保険金や解約返戻金の価値が下がる!

インフレを嘆く女性

 

では、インフレが起こると終身保険ではどんな影響が出るのでしょうか?

 

ひとことで言えば、将来もらう保険金や解約返戻金の価値が下がります。

 

例えば、せっかく500万円の死亡保障を組んでも、30年後にインフレで500万円が300万円程度の価値しか無くなってしまったとしたらどうでしょうか。

 

満期後に解約して老後の生活資金としたり、亡くなった後の死亡整理金、子どもに残すお金とする予定だったのにその価値が小さくなり、意味が薄れてしまう・・・。

 

これが終身保険のインフレリスクです。

 

このインフレリスクの影響を最も受けやすいのが「積立利率固定型の終身保険です。

 

例えば、当サイトでおすすめしている終身保険のひとつ「RISE」(オリックス生命)はこのタイプです。

 

 

「RISE」公式ページ

 

 

「積立利率固定型」終身保険の解約返戻率のイメージ

経過年数 解約返戻率
10年後(40才) 72%
20年後(50才) 76%
30年後(60才) 82%
31年後(61才) 115%
40年後(70才) 125%

※保険料支払期間30〜60才と仮定
※イメージであり実際の数字とは多少異なります。

 

 

これは、あらかじめ死亡保険金や解約返戻率が決められたタイプの商品であり、銀行預金で例えれば固定金利のようなものです。

 

最初から死亡保険金や解約返戻金の額が明確に決まっている一方、将来的にインフレが起きても対処のしようがないというデメリットを持っています。

 

 

インフレリスクに対応しやすい「積立利率変動型」終身保険

変動

 

一方、このインフレリスクに比較的強いと言われているのが「積立利率変動型の終身保険です。

 

例えば三井住友海上あいおい生命の「&LIFE積立利率変動型終身保険」などがそれにあたります。

 

 

あいおい生命の保険

 

 

こちらは、市場金利や経済の動向によって保険金や解約返戻金が変動するタイプのものです。

 

保険会社が、市場金利の動向を見て定期的に積立利率の見直しを行います。

 

例えばインフレが起きて市場金利が上がると、保険金も解約返戻金も上昇するように調整がされます。

 

これは銀行預金に例えれば、変動金利の性質を持った終身保険と言えます。

 

積立利率変動型の終身保険はインフレに対応しやすいメリットを持つ一方、インフレとならずに最低保証利率で運用された場合、解約返戻率が「積立利率固定型」終身保険よりも低くなるというデメリットがあります。

 

 

貯蓄性の高い終身保険との比較 ※2017年2月時点

商品名 解約返戻率
RISE 116.5%
E−終身 117.4%
一生のお守り 114.6%
&LIFE積立利率変動型終身保 108.2%(変動)
つづけトク終身 85.9%(変動)

色付けしてるのが積立利率変動型
※30才男性/死亡保障1000万円/60才払済で比較 返戻率は61才時
※「&LIFE〜」と「つづけトク終身」は、最低保証利率で運用された場合の数字

 

 

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで選び分けていく必要があります。

 

 

将来、日本はインフレとなるか?

右肩上がりのグラフ

 

では「積立利率固定型「積立利率変動型、どちらを選んだほうが良いのでしょうか。

 

当然気になるのは「将来、日本にはインフレが起きるのかどうか?」ですよね。

 

様々な見方がありますが、当サイトではインフレは起きないか、起きてもわずかなものと予測しています。

 

現在、日本政府はインフレに誘導しようとしているものの、かつての高度成長期やバブル景気のような高成長をこれから日本が迎える可能性は低いため、その影響はあまり大きなものとはならないと予測します。

 

ですから、インフレリスクを考慮に入れても「ある程度の解約返戻率が見込める」「利率がはっきりしていてライフプランが立てやすい」という理由で「積立利率固定型の終身保険をおすすめしており、各終身保険商品の評価、ランキングづけもその考えのもとに行っています。

 

ただし、ここは人によって意見、判断が分かれるポイントなので「それでも将来のインフレリスクにより確かに備えたい」と考える方は、「積立利率変動型の終身保険を選ぶことをおすすめします。

 

また、インフレリスク以外にも死亡保障や三大疾病による保険料支払い免除など、どこにポイントを絞るかによってあなたにとってベストな終身保険というのは変わります。

 

当サイトの各商品のレビュー、ランキングもご参照されることをおすすめします。

 

 

ローコストで賢く備える!終身保険比較ランキングはこちらから

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング