一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)の比較、評価レビュー

三大疾病支払免除&一時金!一生のお守り評判レビュー

三大疾病支払免除&一時金が用意できる!「一生のお守り」評判レビュー

一生のお守り 公式ページ

 

ほのぼの系のイラストや、イメージキャラクターにタレントのベッキーさんを起用するなど親しみやすさを打ち出している損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(長いw)。

 

医療保険でも「新・健康のお守り」など人気商品を出しているこの保険会社の代表的な終身死亡保険が「一生のお守り」です。

 

終身保険の中でも数少ない三大疾病による保険料支払い免除特約をウリにしているこの商品は、例えばがん家系の方などであればぜひ一度は検討してみたいところです。

 

特に「保険料免除のみならず、三大疾病にかかった時点でまとまったお金が欲しい」と考える人にとっては他の終身保険にない「唯一のメリット」があり、その特徴はぜひ知っておいたほうが良いです。

 

では、具体的にこの商品の特徴、メリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?「一生のお守り」だけが持つ「唯一のメリット」とは?

 

他社の商品とも比較しながら以下に述べていきます。

 

 

今一番お得&安心は?最新終身死亡保険ランキング2016

 

スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、主な保障内容は以下のようになります。

 

一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)
一生のお守り公式ページ 

■保険料/月:9640円

 

■保障金額は50万円から10万円単位で設定可能

 

■契約可能年齢:1才〜75才

 

■年金移行・三大疾病保険料支払い免除:あり

 

■リビング・ニーズ特約つき(余命6ヶ月と判断された時点で保障金が給付される)

 

■不慮の事故により所定の身体障害となった際に保険料の払込は免除される

 

※30才男性/死亡保障金500万円/60才払済として計算

 


公式サイトへのリンクボタン 

 

 

「一生のお守り」は解約した際に返ってくる保険料の額や利率があらかじめ固定されている積立利率固定型の終身保険であり、途中解約した際の解約返戻率を低く抑える代わりに満期後の解約返戻率を上げた低解約返戻金型の終身保険でもあります。

 

 

<低解約返戻金型終身保険のイメージ>

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

参照
ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険のメリットとは?

 

三大疾病時にその後の保険料支払いが免除される「特定疾病診断保険料免除特約」をオプションとしてつけることができ、満期後の解約返戻金を年金形式でより多く受け取ることのできる「年金移行」も選択可能です。

 

参照
分割して返戻金をより多く受け取ろう!終身保険の「年金移行」とは?(編集中)

 

 

その他に、介護状態となったり余命宣告を受けた場合の保険金の前払い(リビングニーズ)所定の身体障害での保険料払込免除など、「一生のお守り」には様々なオプションがついています(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命はオプション豊富な商品が多いことが特徴です)。

 

特に、三大疾病の診断を受けるとその後の保険料が「すべて払ったもの」として扱われることが「一生のお守り」のユニークな特徴であり、後述するように、ここがこの商品を選ぶ大きな判断ポイントとなります。

 

 

保険料&解約返戻率だけなら、他により良い商品がある

 

では、「一生のお守りを」他の終身保険商品と比較するとどうでしょうか。

 

まず、終身保険で最も重視したい「保険料」「解約返戻率」を全体の中で比較すると以下のようになります。

 

 

<主な終身保険の保険料と解約返戻率の比較>

商品名

保険料

解約返戻率

三大疾病保険料支払免除

WAYS 9050円 116.2%

×

RISE 9240円 115.9%

×

E終身レスキューパック 9725円 110.4%

E終身 9345円 114.9%

×

一生のお守り 9640円 112.8%

×

一生のお守り(三大疾病保険料免除特約つき) 10120円 107.4%

カチッと終身保険 9485円 112.7%

×

長割終身 9845円 111.7%

×

つづけトク終身 10485円 104.9%以上

×

&LIFE積立利率変動型終身保険 10465円 95.9%以上

×

&LIFE積立利率変動型終身保険(三大疾病保険料免除特約つき)    

※30才男性/死亡保障500万円/60才払済で比較

 

 

「三大疾病時の保険料支払免除」特約をつけないのなら、「一生のお守り」よりも「RISE」「E−終身」のほうがよりコストパフォーマンスに優れており、つけるとしても「E−終身レスキューパック」のほうがより有利です。

 

つまり、「保険料」「解約返戻率」のコストパフォーマンスだけで見ると「一生のお守り」は決してベストな選択とは言えません。

 

 

免除の範囲の広さでもベストとは言えない

 

では、保険料の支払いが免除される対象範囲の広さで比較するとどうでしょうか。免除特約のある3つの商品で比較すると以下のようになります。

 

 

<保険料免除の条件の比較>

商品名

三大疾病

身体障害

要介護状態

一生のお守り(三大疾病保険料免除特約つき)

×

E終身レスキューパック

&LIFE積立利率変動型終身保険(三大疾病保険料免除特約つき)

 

 

ここでも「一生のお守り」は対象範囲がやや狭く不利です。

 

ちなみにAIG富士生命の「E−終身レスキューパック」は「保険料」「解約返戻率」「免除範囲の広さ」で上回るだけでなく、ティーペックによる医療専門家による健康相談、セカンドオピニオンサービスも付帯サービスとして利用できるため、当サイトではこちらをより高く評価しています。

 

 

E−終身レスキュータイプ公式ページ

 

 

参照
三大疾病支払免除&ティーペックに強みあり!「E−終身レスキューパック」評判レビュー

 

 

メリットは、三大疾病の時点で「保険料全納」扱いになること!

患者の笑顔

 

では、「三大疾病で保険料支払いが免除になる終身保険ならE−終身レスキューパック!」と結論づけられるのでしょうか?

 

実はそうとも限りません。「一生のお守り」には独自のユニークな特徴があります。それが「三大疾病と診断された時点で残りの保険料はすべて支払ったと扱われる」というものです。

 

例えば「一生のお守り」に60才払済で加入して40才でがんを発症した場合、その後の保険料支払いは免除されるだけでなく、60才までの残り20年分の保険料がその時点で「払ったこと」と扱われます。

 

つまりこれにより、「三大疾病になった時点で解約して、それまで支払った保険料以上の多くのまとまった一時金(返戻金)を得ることができる」のです。

 

 

<三大疾病と診断された年齢と、その時点で解約した場合の返戻率>

 

保険料の払込総額

返戻金

返戻率

35才 45.4万 304.7万 671%
40才 89.3万 321万 359%
50才 179.2万 355.6万 199%

※30才男性/死亡保障500万円/60才払済の場合

 

 

イメージ(公式サイトより引用)

三大疾病時の解約返戻率

 

 

例えばがんになって治療費が多く必要になった、休職せざるを得ず収入が減ってしまった、などの時には「一生のお守り」を解約してまとまった一時金をそれにあてることができるようになるのです。

 

「E−終身レスキューパック」など他の商品の免除特約は、保険料支払いが免除になるだけで「その後も満期まで毎月支払い続ける」という扱いになるので、満期前、三大疾病となった時点で解約しても払った保険料のせいぜい5〜7割程度しか返ってきません。

 

つまり、「一生のお守り」は死亡保障を得るのみでなく「三大疾病になった時点でまとまった一時金も用意できる」ということであり、ここがこの商品の強み、メリットとなります。

 

「E−終身レスキューパック」と「一生のお守り」のメリットをそれぞれ挙げると以下のようになります。

 

 

一生のお守り

三大疾病になった時点でまとまった一時金が用意できる

E−終身レスキューパック

保険料が安い、解約返戻率が高い、免除範囲がより広い。

 

 

これが「三大疾病で保険料支払が免除になる終身保険」の選び分けのポイントであり、どちらをより重視したいかで判断が分かれることになります。

 

 

総評&どんな人が「一生のお守り」を選ぶべき?

 

「三大疾病により保険料支払いが免除される終身保険」として見た場合、総合的には「E−終身レスキューパック」によりメリットが多くあるものの、一生のお守りには「三大疾病になった時点でまとまった一時金が得られる」という強みがあり、ここにより大きな価値を感じるという方がこの商品を選ぶ対象となり得ます。

 

一方で、コストパフォーマンス、対象範囲の広さではやや劣るという面もあるので、ぜひ「E−終身レスキューパック」の当サイトでのレビューも比較参考にされることをおすすめします。

 

参照
三大疾病支払免除&ティーペックに強みあり!「E−終身レスキューパック」評判レビュー

 

 

その他にも、あなたがどのポイントを重視するかによって、ベストな保険選びは変わりますのでぜひ当サイトの終身保険ランキング、定期保険ランキング、収入保障保険ランキング、各商品レビューもご参照されることをおすすめします。

 

ローコストで賢く備える!終身保険比較ランキングはこちらから

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

 

一生のお守りの総合評価B+

スポンサーリンク




なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する3つのメリットとは

保険ショップ


最近、新しい保険の相談、契約スタイルとして人気を集めているのが「ほけんの窓口」などに代表される来店型の保険ショップです。


保険ショップは、これまでの保険セールスになかった様々な強みを持つことにより今、広まりを見せています。その「3つのメリット」とは一体何なのでしょうか?



 



関連ページ

A+評価:現在、最も高水準の安さ&返戻率!アフラック「WAYS」評判レビュー
A評価:ローコスト&高返戻率!RISE(オリックス生命)比較評判レビュー
A評価:年金移行型つきでトップクラス E−終身(AIG富士生命)評判レビュー
A評価:三大疾病支払免除&T-PECに強みあり!E−終身レスキューパック評判レビュー
B評価:最安の保険料!変額保険「バリアブルライフ」の賢い活用法とは?
B評価:積立利率変動型でベスト!&LIFE積立利率変動型終身保険(三井住友海上あいおい生命)
C+評価:ティーペックつきで最安!カチッと終身保険評判レビュー!
C評価:つづけトク終身(メットライフ生命)の2つのデメリットとは?評判レビュー
C評価:デメリットありでもお勧めされる?長割終身の比較評判レビュー!
賢い終身保険のコツ1:終身保険の定期保険、収入保障保険との違い、選び分けとは?
賢い終身保険のコツ2:ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険の特長とメリットとは?
積立利率変動型の終身保険をすすめない3つの理由、デメリットとは?
ハイリスク・ハイリターン!変額保険のメリット、デメリットとは?
知っておこう!終身保険で心配なインフレリスクの正しい考え方とは?
カテゴリ一覧

かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

スマホを見る女性


自分にぴったりな保険選びに欠かせない各社の保険商品資料。


安心の最大手「価格.com」なら50社以上の保険会社の資料から気になるものだけを選んで一括&無料で取り寄せることが可能です。


わざわざ各社に申し込む必要がなく、ワンタッチで選べて便利です。


保険選びのはじめの一歩としてお役立てください。


青ボタン



トップページ 終身保険ランキング 定期保険ランキング 収入保障保険ランキング ベストな保険契約の方法!