1000円代からの安心!定期保険の上手な選び方と比較ランキング

定期保険おすすめ比較ランキング2016!最も安く備えられる第一位は?

なるべくローコストで備えたい!定期保険の賢い選び方&比較ランキング

ランキング1位第一位 定期保険プレミアム(チューリッヒ生命)

定期保険プレミアム公式ページ

 

ローコストで備える定期保険ランキング!(商品名をクリックでレビューが見られます)

商品名

評価

保険料/月

特長

定期保険プレミアム

A+

1050円 非喫煙者にとって最安。更新時に割引プランが引き継がれる。
スーパー割引定期保険

A

1140円 同じく非喫煙者で最安レベル。500万円から設定可能。
あいぷらす

A

1080円 喫煙者にとって最安だが40才時の保険料は高め。
メディフィット定期

B

1214円  
かぞくへの保険

B

1230円  
楽天生命ラブ

B

1280円  
ブリッジ

B

1310円  
カチッと定期2

C

1240円  
ファインセーブ

C

1830円  
1年組み立て保険

D

1840円 仕組みが複雑で高い。1年ごとの見直しも面倒。
Lightフィットプラン

D

2270円 上位の定期保険とくらべて二倍以上の保険料がかかる。

※30才男性 保険金1000万円で計算

 

各保険商品の資料請求は、安心の最大手「価格.com」を利用するのが最も便利です。ワンタッチで気になる保険商品を選んで無料&一括で取り寄せることが可能です。

青ボタン

 

スポンサーリンク

 

 

保障期間が10年、20年などの一定期間に限られて、月々の保険料支払い(掛け捨て)が1000〜1500円程度と安く抑えられる定期保険(定期死亡保険)は子育て期間中に絞ってローコストで死亡保障を得たいと考える共働き世帯にはベストな生命保険です。

 

定期保険は基本的に「掛け捨てで加入期間中に亡くなったら死亡保険金が支払われる」というシンプルな保障なので、比較して選ぶ際に最も重視すべきポイントは、やはり「保険料の安さ」です。

 

各保険会社の定期保険の保険料を比較してみた場合に最も安いのは、非喫煙者で血圧の正常な加入者に健康割引が適用される「定期保険プレミアム(チューリッヒ生命)」「スーパー割引定期保険(メットライフ生命)」です。

 

この二つの商品は、更新時に健康割引が審査なしで引き続き利用でき、40代でも保険料が安いのが強みで、非喫煙者なら第一選択肢となります。

 

一方、喫煙者なら加入の際に喫煙の有無を問われない「あいぷらす(コープ共済)」が最も安く、「定期保険プレミアム」「スーパー割引定期保険」と同じく最安レベルの保険料を実現しています。

 

ただし「あいぷらす」の40代での保険料は「定期保険プレミアム」「スーパー割引定期保険」に比べて高めなので(約600円差)、非喫煙者にはおすすめできません。

 

その他、基本的にシンプルな保障の定期保険でも各社、少しずつ違いがあるのでぜひ当サイトの比較評価レビューと「定期保険の上手な活用方法」をご参照ください。

 

スポンサーリンク

 

 

ローコストで備える定期保険の上手な考え方と選び方とは?

笑顔で一家団欒

 

もし家族が亡くなってしまった場合に、その後の生活費や子どもの学費を確保するために加入するのが生命保険ですが、これには「定期保険」「終身保険」「収入保障保険」の三種類があります。

 

このうち、育児期に保障期間を限定してなるべくローコストな保険料(1ヶ月あたりの保険料=1000円程度)で備えようとするのが定期保険(定期死亡保険)であり、主に共働き世帯に適した保険となっています。

 

参照
「定期保険」「終身保険」「収入保障保険」の上手な選びわけのコツとは?(編集中)

 

当サイトは「ローコストで上手に備える生命保険」をテーマにしており、定期保険の基本的な考え方、プランを以下のように提案しています。

 

  • 第一子誕生の時点で「10年定期 死亡保障金1000万円」の定期保険に加入する(月額保険料=約1000円)。
  • 10年後には「10年定期 死亡保障金500万円」で更新する(月額保険料=約1000円)。
  • 更新の際に第二子がいる、もしくは生活費や学費をより手厚く保障したいなら「10年定期 死亡保障金1000万円」で更新する。

 

当サイトの定期保険ランキングづけもこの考え方をベースにしています。ローコストで上手に生命保険で備えるためにぜひお役立てください。

 

スポンサーリンク

 

 

定期保険おすすめ比較ランキング2016!最も安く備えられる第一位は?記事一覧

低額から備えられてローコスト!「スーパー割引定期保険」の比較評判レビュー

スーパー割引定期保険 公式ページ 低い保障金額から備えられるローコスト定期保険!「スーパー割引定期保険」のメリットとは?メットライフ生命の定期死亡保険「スーパー割引定期保険」は、「健康な方ほど保険料が割引になる死亡保険」をコンセプトに非喫煙で健康優良者に対して保険料を割り引くシステムとなっており、健康状態の良好な方にとっては「定期保...

≫続きを読む

喫煙者に最安の定期保険!あいぷらす(コープ共済)の比較評判レビュー

あいぷらす 公式ページ 喫煙者に最も安い定期保険「あいぷらす」!コープ共済の定期死亡保険「あいぷらす」は、安い保険料を実現しつつその審査条件に「喫煙の有無」が入っていないという、喫煙者に嬉しい定期保険です。その保険料の安さは数ある定期死亡保険の中でも最安レベルで、喫煙者で定期保険を検討しているという方には最も有力な選択肢と...

≫続きを読む

非喫煙者にベスト!定期保険プレミアム(チューリッヒ)の比較評判レビュー

定期保険プレミアム 公式ページ 非喫煙者にベストな定期保険!「定期保険プレミアム」の特長と強みについて自動車保険でも有名なチューリッヒ生命から出ている「定期保険プレミアム」は、現在、最安レベルの保険料を実現しており、当サイトでも高く評価している定期死亡保険です。非喫煙で血圧状態が優良であれば「健康優良体割引」が適用されて保険料が値...

≫続きを読む

最安ではない!ブリッジ(オリックス)評価レビュー

公式ページ 最安ではない!ブリッジ(オリックス)評価レビュー驚きの安さを実現!そんな広告が印象的なオリックス生命の定期保険「bridge(ブリッジ)」。30才男性でも月々700円台から入れる死亡保障保険ということで、「なるべく安い保険を選びたい」と考える方には気になるところではないでしょうか。ただ先に結論から言...

≫続きを読む

どんな人が定期保険を選ぶべき?終身保険、収入保障保険との違いとは?

家族でくつろぐ どんな人が定期保険を選ぶべき?終身保険、収入保障保険との違いとは?家族にもしものことがあった時、生活費や子どもの学費を保障するものとして心強い生命保険。特に、10年や20年と保障される期間を区切って死亡保障を得る定期保険(定期死亡保険)は、30代〜40代では1000円程度の保険料から備えることが可能...

≫続きを読む

定期保険の賢い加入タイミングと保障期間、必要額は?

手をつなぐ家族 定期保険の加入タイミングと保障期間、保障額は?30代、40代の子育て期に月額1000円程度で死亡保障を得られる定期(死亡)保険は、子育て期に限ってローコストで備えが欲しい共働き世帯にベストな生命保険であるということを前ページで解説しました。参照賢い定期保険プラン1:どんな人が定期保険を選ぶべき?終身...

≫続きを読む

比較で納得!なぜ定期(死亡)保険はローコストで備えたい共働き世帯向けなのか?

共働き世帯 ローコストで備えたい共働き世帯向けにはなぜ定期保険がベストなのか?10年や20年など、一定期間のみの死亡保障を安い掛け捨て金で得ることのできる定期保険は「子育て期間中のみの死亡保障をなるべくローコストで備えたい」と考える共働き世帯にはうってつけの生命保険です。ではなぜ、定期保険がベストの選択肢となる...

≫続きを読む

定期保険を選ぶなら知っておくべき3つのデメリットとは?

バツをする女性 定期保険を選ぶなら気をつけたい3つのデメリットとは?子育て期に月額1000円程度と、とても安く死亡保障を得られるのが魅力の定期保険(定期死亡保険)。収入や家計にあまり余裕がない、共働きなので最低限の保障で良い、と考える世帯にはうってつけの保険として人気を集めるこの保険ですが、どんな保険にも必ず一長一...

≫続きを読む


トップページ 終身保険ランキング 定期保険ランキング 収入保障保険ランキング ベストな保険契約の方法!