比較で納得!おすすめ学資保険ランキング

激震!学資保険おすすめ比較ランキング2018 高返戻率&お得は?

2018年10月更新:返戻率重視!学資保険おすすめ比較ランキング

ランキング1位第一位 「ニッセイ学資保険」(日本生命)

ニッセイ 公式サイト

 

会社名クリックで評価レビューへ

商品名 評価 返戻率の目安&特徴
ニッセイ学資保険 祝金なし型(日本生命)

A

104.0% 返戻率トップクラス。配当もあるためインフレにも対応。

学資保険スクエア(ソニー生命) A

103.8% 返戻率トップクラス。ソニー生命の専門アドバイザーを通じての加入となる。

つみたて学資(明治安田生命)

B+

104.1% 払込期間が15歳までと他社より短めのぶん返戻率は高め。「高額割引」適用で保険料がより安くなる。

みらいのつばさ(フコク生命)

B+

101.7% 「兄弟割引」を適用すればより返戻率を高めることができる。

こども共済学資応援歌(JA共済) B+ 100.4% 保険料を年払いにすることで返戻率を104~105%まで高められる。
Mickey(第一生命)

B

101.2% 返戻率で不利

こども応援団(第一生命)

B

99.9% 返戻率で不利

夢みるこどもの学資保険(アフラック)

B

96.2% 18歳払いだと元本割れ。

はじめのかんぽ(かんぽ生命)

B

95.5% 18歳払いだと元本割れ。

スミセイのこどもすくすく保険(住友生命)

B

100%未満 18歳払いだと元本割れ。

会社名クリックで評価レビューへ

 

※30才男性/保険料支払期間15〜18年で算出

 

スポンサーリンク

 

 

学資保険とはどんなもの?

親子

 

 

学資保険は「貯蓄+死亡保障」を得るもの!

 

 

子供が生まれたら加入を考えたくなる学資保険。

 

学資保険とは、主に大学入学するまでの0〜18才にかけて保険料を納め、満期を迎えたら金利が上乗せされた返戻金を学資金として受け取ることができる保険です。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ

 

 

払い主である親が亡くなった場合はそれ以降の保険料支払いが免除され、予定通り学資金を受け取ることも可能です。

 

つまり「貯蓄+死亡保障」の保険です。

 

教育資金が貯められるというイメージの強いこの保険ですが、正直なところ、決して大きくお金を増やせるものではありません。

 

例えば現在トップクラスの返戻率(戻り率)となっている「ニッセイ学資保険 祝金なし型」(日本生命)の加入例は以下の通りです。

 

 

ニッセイ学資保険(日本生命)の加入例
公式ページ 

■学資金:300万円
■保険料支払い期間:0〜18才まで
■保険料:13,350円/月
■返戻率:104.0%

 

※加入年齢30才/月払い/こども祝金なし型で計算

 

 

このプランだと増やせるお金は約12万円です。

 

現在、どんなに良い学資保険でもその返戻率(戻り率)は104%程度です(子供が15〜18歳になるまで保険料を支払うプランの場合)。

 

もちろん保険料を高めに設定すれば増やせるお金も大きくなりますが、今度は保険料を払いきれなくなる解約リスクが出てきます。

 

学資保険は途中解約すると元本割れして、逆に損をする可能性が高いです。

 

 

お金が飛んでいく

 

 

ですから学資保険のプランは必ず余裕あるものにする必要があります。

 

学資保険の特徴、メリットをまとめると以下の通りとなります。

 

 

  • 保険期間中に親が亡くなったらその後の保険料は免除され、学資金は予定通り受け取れる
  • 銀行の定期預金よりも利率が良い
  • 保険料が定期的に口座から引き落とされるので、貯蓄が苦手な人でも半強制的に積立ができる
  • 税金の控除(生命保険料控除)が受けられる

 

 

この中で特に大きいのが死亡保障です。

 

例えば満期の受取金を300万、保険料が毎月1万円とした場合。これだと加入してすぐ亡くなってしまっても300万円が保険会社から支払われます。

 

学資保険は「お金を増やすもの」とだけ考えるのではなく「親が亡くなっても教育資金を一定額確保できるもの」とも捉える必要があります。

 

この「貯蓄+死亡保障」の2つの機能に価値を感じる方であれば、学資保険は積極的に検討していく価値があると言えます。

 

ちなみに学資保険には以下のデメリットもあります。

 

 

  • 途中で解約すると元本割れして損をする
  • 保険会社にその他の保険を勧められるきっかけとなることがある(いわゆるドアノック商品)

 

 

率直に言って学資保険は「加入しておけば教育資金は大丈夫!」と言えるほどのものではありません。

 

ただし銀行に預けておくよりは良い利率で教育資金を貯蓄でき、死亡保障も同時に得られるというメリットがあります。

 

貯蓄のなかから余裕のある一部だけを学資保険に回すという考え方が最も無難かつ合理的であると言えます。

 

この点をよく理解したうえで、あなたにとっての学資保険の必要性を判断するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

学資保険選びで最も重視すべきは返戻率(戻り率)!

貯金

 

そんな学資保険には、まず大きく分けて「貯蓄型」「保障型」の2つのタイプに分かれます。

 

「保障型」は親や子が亡くなった際の死亡保障や医療保障が充実しているのですが、そのかわり返戻率が低くなり元本割れします。

 

つまり払った保険料以上のお金は返ってきません。

 

一方「貯蓄型」は主に返戻率の高さ、貯蓄性にメリットがあり、その他の保障は死亡時の保険料払い込み免除など最低限です。

 

 

  メリット デメリット
貯蓄型 高い返戻率、貯蓄性 保障は最低限
保障型 医療や死亡保障が手厚い 返戻率は低く元本割れする

 

 

子育て期の親の死亡率の低さや、子供の医療保障の必要性の低さを考えれば、学資保険で最も重視すべきは返戻率(戻り率)であり、学資保険のタイプも「貯蓄型」を優先的に考えるべきです。

 

基本的に学資保険は返戻率を重視して選ぶべきです。

 

上記のランキングもすべて「貯蓄型」の商品であり、上位評価は基本的に返戻率の高い商品です。

 

参照
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべき!

 

 

ちなみに、教育資金を保険で増やしたいなら学資保険だけでなく終身保険(終身死亡保障保険)という選択肢もあります。

 

当サイトでは貯蓄性の高さから学資保険をおすすめしますが、終身保険なら返戻金を受け取る時期が教育期に限定されないため、将来的により広い使いみちを持つことができます。

 

このメリットを重視するなら終身保険もおすすめです。

 

参照
学資保険より良い?終身保険を選ぶメリット&特徴とは

 

スポンサーリンク

 

 

激震の学資保険!現在のおすすめは「ニッセイ学資保険」

 

近年、学資保険について激震とも言える大きな動きがありました。

 

日銀のマイナス金利政策の影響を受けて、2017年あたりから各社のほとんどの学資保険が保険料値上げや販売停止となってしまったのです。

 

つまり学資保険の返戻率、増やせるお金は今や大きく減少しています。

 

今やトップクラスの評価を受けている学資保険でも、返戻率は104%程度です。

 

最もスタンダードな払い方である「保険料の毎月払い、払込期間15〜18年」だと元本割れになってしまう商品も増えてきています。

 

そんな中、2018年現在で返戻率が比較的高く、当サイトでも高評価している商品は以下の通りとなります。

 

 

2018年学資保険おすすめトップ5
商品名 返戻率の目安 保険料払込期間 特徴
ニッセイ学資保険 祝金なし型(日本生命)

104.0%

18歳まで

18年プランでトップクラスの返戻率。祝金を受け取らないプランでの返戻率が高い。
つみたて学資(明治安田生命) 104.2%

15歳まで

返戻率トップクラス。15歳までの保険料支払いのため、毎月の保険料はやや高め。「高額割引」で返戻率が高まる。
ソニー学資保険V型(ソニー生命)

104.0%

18歳まで

返戻率トップクラス。ソニー生命のライフプランナーを通じての加入となる。
みらいのつばさ(フコク生命)

101.7%

17歳まで

「兄弟割引」を適用すれば返戻率がよりアップする。
こども共済学資応援隊(JA共済) 100.4% 18歳まで 保険料を年払いにすると返戻率が約104〜105%にアップする。
※30歳男性/保険料払込期間15〜18年で比較

 

 

学資保険で最も重視すべきは返戻率の高さであり、これらの商品はほぼ返戻率の高さ順となっています。

 

参照
保障は最低限で良い。学資保険は返戻率を重視すべき!

 

 

この中からひとつおすすめを挙げるなら、スタンダードな「子供が18歳になるまでの保険料支払い」でありつつ、トップクラスの返戻率となっている「ニッセイ学資保険 祝金なし型」を挙げたいです。

 

 

ニッセイ 公式サイト

 

ニッセイ学資保険(日本生命)の加入例
公式ページ 

■学資金:300万円
■支払い期間:0〜18才まで
■保険料:13,350円/月
■返戻率:104.0%

 

※加入年齢30才/月払い/こども祝金なし型で計算

 

参照
返戻率トップクラス!ニッセイ学資保険評価レビュー

 

 

「ニッセイ学資保険」は、小中校の卒業時にお祝い金が出る「祝金あり型」と、それがないかわりに最終的な返戻率を高めた「祝金なし型」があります。

 

学資保険は返戻率こそ最も重視すべきですので「祝金なし型」がよりおすすめです。

 

基本的には子供が生まれてから18歳になるまでの期間、保険料を払い込むことになりますが、5年間と短期で保険料を払いこむプランを選べば、返戻率は最大で約109%まで上げていくことが可能です。

 

学資保険を選びたい方は、まずはこの「ニッセイ学資保険祝金なし型」を検討されてからその他の商品を比較検討していくのがスムーズだと思います。

 

当サイトの各商品の比較ランキング、評価レビューもぜひご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

激震!学資保険おすすめ比較ランキング2018 高返戻率&お得は?記事一覧

A評価:ニッセイ学資保険はトップクラスの返戻率!評判レビュー(日本生命)

公式ページ 2018年10月更新:ニッセイ学資保険評価レビュー配当ありの学資保険!「生命保険業界のガリバー」と呼ばれるほどの最大手のひとつ、「ニッセイ」こと日本生命から販売されている学資保険が「ニッセイ学資保険」です。高い知名度から大手の安心感を感じさせるニッセイ学資保険ですが、近年の保険料改定により貯蓄性は薄...

≫続きを読む

A評価:学資保険スクエア(ソニー生命)は返戻率トップクラス!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー高返戻率の学資保険!専門家やユーザーから長い間、高い評価を受けてきたのがソニー生命の学資保険「学資保険スクエア」です。その一番のメリットは何といっても、返戻率の高さにあります。ただし近年のマイナス金利などの煽りを受けて改定が行われ、以前...

≫続きを読む

B+評価:つみたて学資(明治安田生命)は高額割引がお得!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:明治安田生命つみたて学資評価レビュー高額割引で返戻率アップ!明治安田生命の学資保険「つみたて学資」は、受け取る学資金を多めに設定することで保険料の「高額割引」が適用され、返戻率がさらに上昇する点に特徴を持つ商品です。ただし、2017年の保険料改定により返戻率(貯蓄性)が下がり、...

≫続きを読む

B+評価:みらいのつばさ(フコク生命)は兄弟割引がお得!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:みらいのつばさ(フコク生命)評価レビュー兄弟割引で返戻率アップ!キティのイメージキャラも印象的なフコク生命から販売されている学資保険「みらいのつばさ」は、高い返戻率(戻り率)をアピールポイントとする有力商品です。しかも兄弟割引で保険料を引き下げて返戻率をさらにアップさせることが...

≫続きを読む

B+評価:「こども共済学資応援歌」は年払いがお得!評判レビュー(JA学資保険)

公式ページ 2018年10月更新:「こども共済 学資応援歌」評価レビュー年払いで返戻率がグッと上がる!JA共済(農協)が扱っている学資保険「こども共済 学資応援隊」。それほど知名度の高くない商品ですが、返戻率(戻り率)は他の保険会社商品より比較的高く、特に「年払い」にした場合により返戻率が高くなるという特徴があ...

≫続きを読む

B評価: アフラック夢みるこどもの学資保険は返戻率で不利!評価レビュー

公式ページ 2018年10月更新:アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビューアフラックの学資保険!がん保険でシェア1位を誇り、「アフラック=がん保険」のイメージが強いアフラック(アメリカンファミリー生命)。しかしアフラックは学資保険商品でも人気があります。そのひとつが「夢みるこどもの学資保険」です。これは、学...

≫続きを読む

B評価:かんぽ学資保険「はじめのかんぽ」は返戻率で不利!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:はじめのかんぽ評価レビュー郵便局で入れる学資保険!学資保険と言えばニッセイなど民間の大手保険会社が有名ですが、郵政民営化するまで国営だったかんぽ生命にも学資保険商品があります。それが「はじめのかんぽ」です。かんぽ生命の保険商品は郵便局で取り扱っていて安心、信頼のイメージが強く、...

≫続きを読む

B評価:第一生命学資保険ミッキー&こども応援団は返戻率で不利!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:第一生命の2つの学資保険の違い&評価は?第一生命の学資保険ってどうなの?2014年のリニューアルにより2種類となった第一生命の学資保険。それが「Mickey(ミッキー)」と「こども応援団」です。近年、第一生命は業界最大手の日本生命を上回るほどの成長を見せており、知名度も抜群に高...

≫続きを読む

B評価:住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険は返戻率で不利!評判レビュー

公式ページ 2018年10月更新:住友生命「スミセイのこどもすくすく保険」評価レビュースミセイの学資保険!日本の大手保険会社のひとつに数えられる住友生命から販売されている学資保険が「スミセイこどもすくすく保険」です。その一番の特徴は、付加できる医療保障特約の手厚さにあります。ただし、なるべく返戻率(戻り率)を上...

≫続きを読む

大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険

女性と矢印 大きな期待は禁物!学資保険とは「やや必要」程度の保険子供が生まれたから学資保険!そう考える方は多いのではないでしょうか。子供をひとり育てるだけでもたくさんの教育資金が必要になる現在、お金を増やしたいがために学資保険に入らなきゃと思い、保険屋さんに相談するのは自然な流れです。しかし、過度な期待は禁物で...

≫続きを読む

学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!保障は最低限で良い。

女性 保障は最低限で良い。学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!学資保険は返戻率で選べ!子供が生まれたら多くの人が加入する学資保険。ただし、各社の商品やそのプランの組み方によって「貯蓄」と「保障」どちらに重きを置くかが分かれてきます。学資保険の理解が不十分なままだと、ポイントがわからず保険アドバイザーに言われ...

≫続きを読む

もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦

女性 もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦学資保険でお金を増やしたい!子供の教育資金の積み立てとして積極的に活用されている学資保険。しかし昨今の金利情勢の厳しさからその返戻率は少しずつ下がってきており、「お得感」は徐々に薄れつつあります。それでも、せっかく加入するなら少しでも多くお金を増や...

≫続きを読む

学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2018年版

親子 2018年 学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?学資保険がわりの終身保険はどれがベスト?子供の教育資金(主に大学の学費)を増やしつつも死亡保障を得ることができる学資保険。しかし最近は各社の学資保険商品に加入するのではなく、終身保険(終身死亡保険)を学資保険の代わりとして使う世帯も増えてきてい...

≫続きを読む

ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは

女性 やっちゃダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランを。解約はダメ!子供の教育資金の足しにと加入する学資保険。少しでもお金を増やそうと思うなら、学資金(保険金)を高めに設定して多くの保険料を払う必要が出てきます。しかし保険料負担が大きすぎるプランを組んでしまうと、最後まで払いきれずに中途解約のリスクが高...

≫続きを読む

学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット

女性 今注目!終身保険を学資保険がわりに使うメリット&おすすめ商品は?幅広い使いみちができる!子供の教育資金の足しにしようと多くの方が加入する学資保険。しかし最近は学資保険がわりに終身保険(終身死亡保険)を利用するケースも増えてきています。どちらも内容としては似ているのですが、終身保険を選ぶ場合には「学資...

≫続きを読む

なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳

はんこ 学資保険ではなく生命保険(終身保険)を勧められる意外な理由とは?「学資保険がわりに生命保険はいかがですか?」子供が生まれたタイミングで教育資金の積み立てのひとつとして検討されることの多い学資保険。しかし、保険相談に行くとしばしば「学資保険よりも生命保険(終身保険)で代用されてはいかがですか?」と勧め...

≫続きを読む

学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点

データ 学資保険と定期預金は比較してどっちが良いの?お金が貯めやすいのは学資保険!子供の教育資金を積み立てるために多くの世帯が加入する学資保険。しかし積み立てるなら学資保険だけではなく定期預金という選択肢もあり、どっちが得なのか、それぞれにどんな違いがあるのかわからなくて迷ってしまう方もいると思います。まず...

≫続きを読む

学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?

お金 学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?学資保険はほぼ非課税!子供の教育資金を積み立てるために活用される学資保険。将来的に少なくない額の学資金(満期金)を受け取ることになるため、「税金はかかるのかな?」と心配になることもあろうかと思います。しかし結論から言えば、よほど高い金額を設定し...

≫続きを読む

損したくない!一番返戻率の高い学資保険トップ5【2018年最新版】

計算 損したくない!今一番返戻率の高い学資保険トップ5学資保険で損したくない!学資保険に加入を考えている方のほとんどは教育資金を増やしたいと考えており、少しでも得をする商品やプランを選びたいと考えていると思います。しかし保険アドバイザーに相談しても、必ずしもすべての学資保険商品を扱っているわけではないので...

≫続きを読む

学資保険に外貨建て(ドル建て)終身保険はリスク?デメリット&選び方

logo 学資保険代わり!外貨建て終身保険とは?教育資金を増やしたい!子供が生まれたら教育資金を増やすために考えてみたい学資保険。しかし近年はマイナス金利などの影響もあって各社商品ともその貯蓄性は下がりつつあり、学資保険はあまりお金を増やせるものではなくなりつつあります。その代わりに最近注目されているのが外貨...

≫続きを読む

学資保険にドルスマートはあり?デメリットから考えるリスク&評判

公式 学資保険代わりに「ドルスマート」はあり?「学資保険の代わりにいかがですか?」最近、「学資保険を相談したら外貨建て(ドル建て)終身保険を提案された」というケースが増えつつあります。近年はマイナス金利などの影響を受けて国内で運用される学資保険の貯蓄性は低下しており、「より教育資金を増やしたい」というニー...

≫続きを読む


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング