学資保険に税金はほぼ非課税!控除で節約できる金額は?

学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?

学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?

ヘッダー 学資保険と税金 

 

 

学資保険はほぼ非課税!

 

 

子供の教育資金を積み立てるために活用される学資保険。

 

将来的に少なくない額の学資金(満期金)を受け取ることになるため、「税金はかかるのかな?」と心配になることもあろうかと思います。

 

しかし結論から言えば、よほど高い金額を設定していないかぎり学資保険は非課税となります。

 

そればかりか支払った保険料は控除の対象になるため、学資保険の加入は税金面では有利にはたらきます。

 

以下に、「学資保険の満期金受け取りにかかる税金はどうなっているのか」、そして「保険料による控除はどうなるか」について述べていきます。

 

 

気軽に無料相談!最寄りの保険ショップ検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2018

スポンサーリンク

 

 

学資保険はどうやって課税される?

計算

 

まずそもそも学資保険は、主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才くらいまで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ

 

 

また保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、それをカバーする保障がついてきます。

 

つまり「貯蓄+保障」の保険です。

 

だいたい学資保険の受け取り金額は200〜300万円で契約されることが多く、その返戻率(戻り率)は高めの商品で約104%程度です。

 

学資保険が満期を迎えて受け取るお金は「一時所得」という分類がされ、課税対象にはなります。

 

しかし計算上は「受け取ったお金」と「払い込んだ保険料」の差額が少なくとも50万円を超えた時からしか税金はかかりません。

 

よほど大きな設定額としていない限り、学資保険の課税については基本的に気にする必要はありません。

 

 

生命保険料控除で税金が安くなる!

節約

 

学資保険に限らず、各種の保険に加入して支払った保険料は生命保険料控除の対象となり、節税に役立ちます。

 

節税できる金額は払った保険料と収入によって変わります。

 

例えば、年間8万円以上の保険料を支払っている場合は収入によって節税額は以下の通りとなります。

 

 

課税される所得金額 年間節税額
195万円未満 4800円
195〜330万円 6800円
330〜695万円 10800円
695〜900万円 12000円
900〜1800万円 16000円

 

 

学資保険に加入すると、ほとんどの場合に年間8万円以上の保険料を支払うことになりますので、上記の表が目安となります。

 

決して大きな節税額ではありませんが、節約を考えればしっかり申告しておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

学資保険に加入すると将来的にまとまったお金を受け取ることになり、それは「所得」として扱われます。

 

しかし、満期金(学資金)をよほど高く設定していない限りは課税対象になりませんので基本的に心配する必要はありません。

 

また支払った保険料のぶんは控除の対象となり節税に役立ちますので、きちんと申告しましょう。

 

当サイトでは、学資保険商品を選びたい方のために返戻率重視の比較ランキング、各社の評価レビューも行っておりますので、そちらもぜひご参照ください。

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2018

スポンサーリンク




気軽に無料相談!最寄りの保険ショップをかんたん検索&予約

保険ショップ


各社の保険商品をまとめて取り扱い、気軽に無料相談できることで人気と注目を集めているのが来店型の保険ショップです。


「Lifull保険相談」なら、全国1200店以上の保険ショップからあなたの身近な店舗がすぐ見つかり、最短30秒でネットから来店予約が可能です。


「保険はよくわからないから、とりあえず対面で話だけ聞いてみたい」とお考えの方にぴったりのサービスです。



保険ショップの強みとは?



関連ページ

A評価:配当あり&返戻率高め ニッセイ学資保険評価レビュー
A評価:返戻率トップクラス!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー
B+評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
B+評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B+評価:年払いがお得!JA共済の学資保険「学資応援歌」評価レビュー
B評価:返戻率で不利 アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!保障は最低限で良い。
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2018年版
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点
損したくない!一番返戻率の高い学資保険トップ5【2018年最新版】
学資保険に外貨建て(ドル建て)終身保険はリスク?デメリット&選び方
学資保険にドルスマートはあり?デメリットから考えるリスク&評判
カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング