学資保険は定期保険より貯まる!比較でわかる違い&注意点

学資保険は定期預金より貯まる!比較でわかる違い&注意点

学資保険と定期預金は比較してどっちが良いの?

ヘッダー 学資保険vs定期預金

 

 

お金が貯めやすいのは学資保険!

 

 

子供の教育資金を積み立てるために多くの世帯が加入する学資保険。

 

しかし積み立てるなら学資保険だけではなく定期預金という選択肢もあり、どっちが得なのか、それぞれにどんな違いがあるのかわからなくて迷ってしまう方もいると思います。

 

まず結論から言うと、少しでもお金を増やしたいという貯蓄性重視で考えれば断然学資保険のほうがお得です。

 

また学資保険は定期預金にはない「死亡保障」というメリットもついてくるため、教育資金を積み立てるなら基本的には学資保険を利用すべきです。

 

ただし学資保険には「途中解約」というデメリットもありますので、その特徴も十分理解して選び分けていきたいところです。

 

以下に、具体的な数字も挙げながら学資保険と定期預金の違い、メリット・デメリットについて述べていきます。

 

 

気軽に無料相談!最寄りの保険ショップ検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2018

スポンサーリンク

 

 

貯蓄性なら学資保険が断然お得!

女性

 

まずそもそも学資保険とは各生命保険会社が販売されている保険商品であり、「貯蓄+保障」の機能を持っています。

 

主に子供が生まれてから大学に進学するまでの0〜18才くらいまで保険料を払い込み、その後に金利が上乗せされたかたちで満期金(学資金)を受け取る仕組みとなっています。

 

 

※学資保険のイメージ

学資保険のイメージ

 

 

学資保険の返戻率(戻り率)、貯蓄性については各社の商品によってバラつきがありますが、現在のところ優良商品であれば返戻率はだいたい104%程度です。

 

 

2018年学資保険おすすめトップ5
商品名 返戻率の目安 保険料払込期間 特徴
ニッセイ学資保険 祝金なし型(日本生命)

104.0%

18歳まで

18年プランでトップクラスの返戻率。祝金を受け取らないプランでの返戻率が高い。
つみたて学資(明治安田生命) 104.2%

15歳まで

返戻率トップクラス。15歳までの保険料支払いのため、毎月の保険料はやや高め。「高額割引」で返戻率が高まる。
ソニー学資保険V型(ソニー生命)

104.0%

18歳まで

返戻率トップクラス。ソニー生命のライフプランナーを通じての加入となる。
みらいのつばさ(フコク生命)

101.7%

17歳まで

「兄弟割引」を適用すれば返戻率がよりアップする。
こども共済学資応援隊(JA共済) 100.4% 18歳まで 保険料を年払いにすると返戻率が約104〜105%にアップする。
※30歳男性/保険料払込期間15〜18年で比較

 

参照
返戻率重視で選ぶ!学資保険ランキング&評価レビュー

 

 

また保険料の払い込み期間中に契約者(親)が死亡したりケガや病気、障害を負った場合は、それをカバーする保障がついてきます。

 

学資保険の最も基本的な保障は、契約者(親)が亡くなった際にその後の保険料支払が免除され、満期金(学資金)は予定通り受け取れるという「保険料支払免除」となります。

 

このように学資保険は「貯蓄+保障」の保険です。

 

 

一方、定期預金は銀行にお金を一定期間預けることによってお金を増やす方法です。

 

 

BANK

 

 

普通預金とは違い、定期預金は一定期期間は引き出すことができません。その期間は最短で1ヶ月から長くなると10年近いものまであります。

 

学資保険と同じくらいの期間を、現在の定期預金の中では高めの利率0.3%で計算した場合、返戻率はおよそ102%程度となります。

 

つまり、お金の貯めやすさという点では学資保険のほうがやや有利です。

 

定期預金の低金利が続く現在、貯蓄性を見れば学資保険が明らかに優れており、死亡保障もプラスされることを考えれば、まずは学資保険を検討するべきと言えます。

 

 

中途解約のデメリットだけは注意

バツ

 

ただし学資保険にもデメリットがないわけではありません。それが「中途解約」です。

 

定期預金の場合、中途解約すると中途解約利率というものが適用されます。この解約利率は銀行ごとに決められていて、当初の定期預金利率よりも低くなります。

 

ただ利率は下がるものの、定期預金ならいつ解約しても「元本+利子」を受け取ることができます。

 

しかし学資保険の場合、時期によっては解約すると元本割れすることがあります(特に加入して数年以内)。

 

また最近では終身保険(終身死亡保険)を学資保険がわりに加入するケースも増えていますが、終身保険の多くは中途解約での返戻率を下げることで満期後の返戻率を上げる「低解約返戻金型」ですので、中途解約した場合の損がより大きくなります。

 

 

※「低解約返戻金型」終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

参照
今注目!終身保険を学資保険がわりに使うメリットとは?

 

 

つまり学資保険に加入するなら、絶対に解約しない範囲で余裕を持った満期金(学資金)の設定を行う必要が出てきます。

 

参照
やっちゃダメ!学資保険は必ず途中解約しないプランを

 

 

まとめ

 

学資保険はほとんどの場合で返戻率において定期預金を上回ります。

 

貯蓄性に優れるうえに死亡保障もついてくる学資保険は、子供の教育資金の積み立てとしてまず第一選択肢として検討したい方法です。

 

ただし、中途解約というデメリットもありますので必ず余裕を持って保険料を支払えるプランを組むようにしましょう。

 

学資保険商品選びにあたっては、当サイトの返戻率重視の比較ランキング、各社の評価レビューもご参照ください。

 

「そもそも学資保険って何?」「どう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


貯蓄性を重視!学資保険おすすめ比較ランキング2018

スポンサーリンク




気軽に無料相談!最寄りの保険ショップをかんたん検索&予約

保険ショップ


各社の保険商品をまとめて取り扱い、気軽に無料相談できることで人気と注目を集めているのが来店型の保険ショップです。


「Lifull保険相談」なら、全国1200店以上の保険ショップからあなたの身近な店舗がすぐ見つかり、最短30秒でネットから来店予約が可能です。


「保険はよくわからないから、とりあえず対面で話だけ聞いてみたい」とお考えの方にぴったりのサービスです。



保険ショップの強みとは?



関連ページ

A評価:配当あり&返戻率高め ニッセイ学資保険評価レビュー
A評価:返戻率トップクラス!学資保険スクエア(ソニー生命)評価レビュー
B+評価:高額割引でお得!明治安田生命つみたて学資評価レビュー
B+評価:兄弟割引がお得!フコク生命みらいのつばさ評価レビュー
B+評価:年払いがお得!JA共済の学資保険「学資応援歌」評価レビュー
B評価:返戻率で不利 アフラック夢みるこどもの学資保険評価レビュー
B評価:郵便局の学資保険なら安心&お得?はじめのかんぽ評価レビュー
B評価:第一生命「ミッキー」「こども応援団」評価レビュー
B評価:返戻率で不利!住友学資保険スミセイのこどもすくすく保険
大きな期待は不要!学資保険とは「やや必要」程度の保険
学資保険は返戻率の高さで選ぶべし!保障は最低限で良い。
もっと高くできる!学資保険の返戻率を上げる5つの作戦
学資保険用の終身保険はどれが返戻率で一番得?2018年版
ダメ!学資保険は必ず中途解約しないプランにすべき理由とは
学資保険より良い?終身保険を学資保険がわりに使うメリット
なぜ?学資保険でなく生命保険(終身保険)がお勧めされる訳
学資保険に税金はほぼかからない!控除で節約できる金額は?
損したくない!一番返戻率の高い学資保険トップ5【2018年最新版】
学資保険に外貨建て(ドル建て)終身保険はリスク?デメリット&選び方
学資保険にドルスマートはあり?デメリットから考えるリスク&評判
カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング