ローコスト重視で選ぶ!収入保障保険比較おすすめランキング

収入保障保険比較おすすめランキング2018!安さ重視で選ぶベスト3

2018年7月更新:安さ重視!収入保障保険ランキング

ランキング1位第一位 「じぶんと家族のお守り」(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

じぶんと家族のお守り

 

会社名クリックで評価レビューへ

 

評価

保険料&特徴

じぶんと家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命) A+ 2,595円/月 現在トップクラスの安さ。徐々に保険料が安くなる「だんだん減」や、健康体になればより安くなる「健康チャレンジ」など、安くするためのユニークな仕組みが多い。
家計にやさしい収入保障(T&Dフィナンシャル生命) A+ 2,760円/月 最安クラス。三大疾病でも保険金がもらえる特約あり。
&LIFE新収入保障(三井住友海上あいおい生命) A+ 2,835円/月 最安クラス。死亡保障のみならず障害状態や三大疾病でも保険金がもらえる特約あり。
収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命) A 3,285円/月 保険金の受け取り方の自由度が高い。プラン設定の幅が広い。
メディフィット収入保障(メディケア生命)

A

3,364円/月 保険料免除の範囲が広い。

家族収入保険(ソニー生命) B+ 3,405円/月 死亡のみならず要介護状態なども保障可能。
マイディアレスト(メットライフ生命) B+ 3,465円/月 三大疾病でも保険金がもらえる特約あり
こだわり収入保障(マニュライフ生命)

B+

3,500円/月 保険金受け取りの自由度が高い

収入保障2(アクサダイレクト)

B+

3,585円/月 喫煙の有無で保険料が変わらず、喫煙者には最安になりやすい

Keep(オリックス生命)

B+

2,835円/月(保険期間55才で試算) 喫煙の有無で保険料が変わらない

家計保障定期保険NEO(東京海上日動あんしん生命) B

3,735円/月 就業不能状態を手厚く保障できるが、保険料高めで他社に比べ不利。

GIFT(アフラック)

B

3,825円/月 保険料高めで他社に比べ不利。

会社名クリックで評価レビューへ
※30才男性、保険金15万円/月、保険期間60才で計算
※最低支払い期間は最も短いプランを選択(1年〜5年)
※非喫煙、健康体割引がある場合は適用

 

 

スポンサーリンク

 

 

収入保障保険とは何?どんな仕組み?

母子

 

亡くなった際にお金が払われる生命保険(死亡保障保険)には、主に以下の3種類があります。

 

  • 終身保険(終身死亡保険)・・一生保障が続く
  • 定期保険(定期死亡保険)・・10年間など期間限定で保障される
  • 収入保障保険・・定期保険の一種で保障額が変動する

 

参照
知ってますか?生命保険3種類(終身保険、定期保険、収入保障保険)の違いと選び方

 

 

このうち収入保障保険とは、亡くなった際に「55才まで毎月10万円」「60才まで毎月15万円」というように、設定した年齢まで毎月ごとに保険金を受け取る死亡保険です。

 

「定年まで給料をもらうように、毎月ごとに死亡保険金を受け取れる生命保険」とイメージすればわかりやすいでしょう。

 

 

お給料

 

 

保険料は掛け捨てです。

 

例えば保険加入者が「55才まで毎月10万円」の契約をして40才で亡くなった場合、55才になる予定だった残りの15年間、毎月10万円を遺族が受け取ることができます。

 

この場合、受け取れる保険金の総額は10万円×12ヶ月×15年=1,800万円となります。

 

保険金をもらえる上限年齢が「55才」や「60才」など決められているため、年齢が進んでから亡くなるほど受け取れる保険金の総額は減っていくこととなります。

 

一般的に子どもが成長するにつれて、必要な死亡保障の総額は小さくなっていきますので、収入保障保険はライフステージの変化に沿った合理的な保険となっています。

 

例えば30才男性が「保険期間50才まで、月額10万円」の設定で収入保障保険を契約するとします。

 

すると亡くなる時期によって保険金の受け取り総額は以下のように変化します。

 

 

保険金が受け取れる期間 保険金の総額
加入直後に亡くなった場合 30〜50才までの20年間 10万円×12ヶ月×20年=2400万円
加入から5年後に亡くなった場合 35〜50才までの15年間 10万円×12ヶ月×15年=1800万円
加入から10年後に亡くなった場合 40〜50才までの10年間 10万円×12ヶ月×10年=1200万円
加入から15年後に亡くなった場合 45〜50才までの5年間 10万円×12ヶ月×5年=600万円

 

収入保障保険グラフ

 

 

特に「子どもが生まれたら成人するまで生活を保障したい」「妻が専業主婦なので年金をもらう年齢まで生活保障が欲しい」など、長期間の保障を考える場合には最も保険料を安く抑えることが可能です。

 

例えば「死亡保険金3000万円」の契約で収入保障保険、終身保険、定期保険を比較すると大まかな目安は以下のようになります。

 

 

※受け取る保険金総額の目安

収入保障保険 定期保険 終身保険
加入直後に亡くなった場合 3000万円 3000万円 3000万円
加入から5年後に亡くなった場合 1800万円
加入から10年後に亡くなった場合 600万円

※30才男性で計算
※収入保障保険の保険金は月額10万円で計算
※収入保障保険、定期保険の保険期間は20年で計算

 

 

この場合の毎月の保険料の目安はそれぞれ以下のようになります。

 

 

収入保障保険 定期保険 終身保険
約2,000円/月 約4,000円/月 約55,000円/月

 

 

「保険料の安さ」と言えば定期保険が代表的です。

 

しかし20年以上の長期保障の場合、収入保障保険は徐々に保険金総額が下がっていく仕組みであるぶん、最も安く保険料を抑えることが可能です。

 

 

「安い保険料でライフステージに沿った合理的な死亡保障が得られる」

 

 

これが収入保障保険の特徴、メリットです。

 

参照
合理的!収入保障保険とは保障額が変化する新しい生命保険

 

 

スポンサーリンク

 

 

低金利時代の今、収入保障保険とは最もおすすめの生命保険!

 

かつては生命保険と言えば、終身保険(終身死亡保険)が主役でした。

 

終身保険とはその名の通り一生、死亡保障が続く生命保険であり、「死亡保険金1000万」など、亡くなった時点でまとまった保険金がもらえるものです。

 

終身保険の最大の魅力は支払った保険料が返ってくる貯蓄型であることです。

 

60才や65才の満期まで保険料を支払い続けると、それを保険会社が資産運用してくれます。

 

そして満期以降に解約したら、支払った保険料以上の解約返戻金を受け取ることができます。

 

 

※終身保険のイメージ

終身保険グラフ

 

例えば、返戻率110%の終身保険に加入して満期まで1000万円の保険料を支払えば、1100万円の解約返戻金を受け取ることができます。

 

つまり終身保険は死亡保障+貯蓄の性質を持っているのです。

 

この2つの機能を持った終身保険は、長らく死亡保険の主役であり続けていました。

 

しかし、近年状況は変わりつつあります。

 

政府がマイナス金利を打ち出すなど、低金利時代が続く現在では保険の貯蓄性はどんどん下がっています。

 

各社の生命保険商品は毎年のように改定を重ねていますが、貯蓄性の高い「お宝保険」は今やほとんど見られなくなってきており、「保険で資産運用」という考え方は薄れつつあります。

 

今でも終身保険に貯蓄性がないわけではありません。

 

しかし、終身保険でお金を増やそうと頑張りすぎると、毎月支払う保険料の総額が膨らんで家計を圧迫します。

 

終身保険は掛け捨てタイプである収入保障保険や定期保険と比較して、保険料はかなり高くなります。

 

最悪の場合は保険料を支払いきれずに途中解約して元本割れ、つまり無駄にお金を失うリスクも大きくなっていきます。

 

 

お金が飛ぶ

 

そんな状況ですから、近年は生命保険は死亡保障のみでなるべく安く掛け捨てで済ませて、残りのお金をその他の資産運用に回す考え方が広まりつつあります。

 

収入保障保険はその目的にぴったり合ったものです。

 

当サイトでも生命保険を選ぶなら、まずは収入保障保険をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

収入保障保険のデメリットとは?

困る女性

 

ただし、誰でもどの家庭でも収入保障保険がベストとは限らず、場合によってはデメリットのほうが大きくなるケースもあります。

 

例えば共働きの家庭なので「死亡保障は子供が生まれてから学校に通い始めるまでの10年程度の短期間で良い」と考えるなら、定期保険のほうがより保険料は安くなります。

 

 

短期間の死亡保障を最も安く得られるのは定期保険(定期死亡保険)です。

 

 

定期保険(定期死亡保険)とは、10年間限定など短期間に絞って死亡保障を得られる掛け捨てタイプの死亡保険です。

 

保険期間が終われば、その後も更新するかどうかを選んでいくこととなります。

 

 

※定期保険のイメージ
定期保険のイメージ

 

 

定期保険の考え方と各社商品の比較ランキング・評価レビューについては以下をご参照ください。

 

参照
短期間で最安の保障!定期死亡保険おすすめ比較ランキング

 

 

また、「生命保険料の掛け捨てはイヤ」「支払った保険料が増えて戻ってくる貯蓄型が良い」「一生涯の死亡保障が欲しい」と考える方にとっては、先に述べた終身保険(終身死亡保険)が有力となります。

 

 

※終身保険のイメージ

終身保険グラフ

 

終身保険の考え方と各社商品の比較ランキング・評価レビューについては以下をご参照ください。

 

参照
一生涯の保障&貯蓄型!終身死亡保険おすすめ比較ランキング

 

 

つまり収入保障保険とは誰にでもベストとは限らず、

 

 

  • 子供が成人、社会人になるまで
  • 妻が年金をもらい始めるまで

 

 

このように、掛け捨てでも良いから長めの死亡保障をなるべく安く得たいと考える場合にメリットがあるということになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

理想的なおすすめ収入保障保険プランとは?

家族

 

では収入保障保険を選ぶ場合、どのような契約プランが理想的なのでしょうか?

 

実際には人それぞれでベストなプランは変わってきますので、当サイトではまず「なるべく安く、最低限でも安心なプラン」として押さえるべきポイントを以下に示します。

 

 

加入のタイミング=第一子が生まれた時点
保険期間=20〜25年
保険金額=10万円/月

 

 

加入期間は、子供が生まれてから成人、社会人になるまでを目安とします。

 

そして保険金額ですが、まずそもそもメインの働き手である夫が亡くなっても、遺族には以下の収入が見込まれます。

 

 

  • 死亡退職金
  • 遺族年金(子ども一人なら月額8.5〜12万円 満18才となるまで)
  • 妻の就業による収入

 

これらと保険金による収入を併せて考えるなら、加入例に挙げた最低限のプランでも備えることは可能であり、保険料は毎月2,000円程度の安さとなります。

 

これをもとに例えば今、代表的な収入保障保険のひとつであるチューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアム」で加入例を考えると、以下の通りとなります。

 

 

チューリッヒ生命公式サイト

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアム」の加入例

  • 加入期間:30才から55才まで
  • 保険金額:10万円/月
  • 保険料:1,840円/月(非喫煙健康体割引を適用後)
  • 最低支払保証期間:1年

 

 

約2,000円/月の保険料で得られる保障としては充実した内容と言えます。

 

こうした収入保障保険プランのより詳しい考え方については以下をご参照ください。

 

参照
月二千円!安い&賢い収入保障保険プランはずばりこれ

 

 

スポンサーリンク

 

 

各社の収入保障保険の選び分けのポイントとは?

比較する女性

 

では、各社の収入保障保険商品をどのように選び分ければ良いのでしょうか?

 

収入保障保険は基本的に「亡くなったら毎月、お給料のようなかたちで保険金が支払われる」というシンプルな保障ですから、各社でそれほど内容に大きな違いがあるわけではありません。

 

よって、比較、選び分けの際に最も重視すべきはまず保険料の安さとなります。

 

はっきり言って、保険料の安さだけで選んでも間違いではありません。

 

実際、当サイトの比較ランキングもほぼ安さ順です。

 

各社商品の条件をなるべく揃えた保険料比較を以下に挙げます。

 

 

※各社の収入保障保険商品の比較

商品名 保険料/月
じぶんと家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)) 2,595円
家計にやさしい収入保障(T&Dフィナンシャル生命) 2,760円
&LIFE新収入保障(三井住友海上あいおい生命) 2,835円
収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命) 3,285円
メディフィット収入保障(メディケア生命) 3,364円
家族収入保険(ソニー生命) 3,405円
マイディアレスト(メットライフ生命) 3,465円
こだわり収入保障(マニュライフ生命) 3,500円
収入保障2(アクサダイレクト) 3,585円
Keep(オリックス生命) 2,835円(保険期間55才で試算)
家計保障定期保険NEO(東京海上日動あんしん生命) 3,735円
GIFT(アフラック) 3,825円

※30才男性、保険金15万円/月、保険期間60才で計算
※最低支払い期間は最も短いプランを選択(1年〜5年)
※非喫煙、健康体割引がある場合は適用

 

 

2018年現在、なるべく同条件で比較した時に最も保険料が安くなるのは、「じぶんと家族のお守り」(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)であり、まず第一候補に挙げておきたい商品です。

 

 

※じぶんと家族のお守り
じぶんと家族のお守り

 

 

まずは保険料の安さでいくつか候補商品を絞り、それから各商品の内容を吟味して選び分けしていくのが最も賢い選び方と言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ずばり!2018年おすすめ収入保障保険ベスト3

3つ数える女性

 

ここからは、2018年現在でおすすめの収入保障保険ベスト3を挙げていきます。

 

まず3つに共通しているのは、どれも現在トップクラスの安さであるという点です。

 

そのうえで商品名とそれぞれの特徴を簡単に挙げると以下のようになります。

 

 

  • じぶんと家族のお守り → 「だんだん割」「健康チャレンジ」など安くする仕組みが豊富。三大疾病や精神疾患でも保険金がもらえる特約もあり
  • &LIFE新収入保障 → 死亡保障以外にも要介護状態などでも保険金が受け取れる仕組みがある
  • 家計にやさしい収入保障 → 三大疾病でも保険金がもらえる特約あり

 

 

じぶんと家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

じぶんと家族のお守り

 

 

「じぶんと家族のお守り」は、2018年の改定により保険料の安さでトップクラスに躍り出た商品です。

 

5年ごとに保険料が安くなっていく「だんだん減」というユニークな仕組みもあり、これらを活用することで保険料をさらに安くすることが可能です。

 

また「健康チャレンジ」というユニークな仕組みも取り入れています。

 

近年の収入保障保険は喫煙の有無、肥満度、血圧などの健康状態によって保険料を分類する「リスク細分型」の仕組みが取り入れられています。

 

例えば「じぶんと家族のお守り」の場合だと以下の4つの保険料クラスに分けられます。

 

 

  • 非喫煙者で健康体の人(最も保険料が安い)
  • 非喫煙者で健康体ではない人
  • 喫煙者で健康体の人
  • 喫煙者で健康体ではない人

 

 

一般的には契約時の健康状態で保険料クラスが判断されます。

 

しかしこの「じぶんと家族のお守り」独自の制度である「健康チャレンジ」は、契約から2〜5年以内に禁煙に成功したり、健康状態を改善できればより安い保険料クラスに変更でき、さらにそれまで支払った保険料の差額も祝い金として受け取ることが可能です。

 

つまり現在、喫煙者であったり健康状態が良好でない場合でも、契約を機に「健康へのチャレンジ」が可能になるというものです。

 

このように新しいユニークな取り組みでより安く必要な保障を確保できる「じぶんと家族のお守り」は、2018年現在、収入保障保険のおすすめ第一位と評価できます。

 

参照
コスパに優れておすすめ!じぶんと家族のお守り評価レビュー

 

 

&LIFE新収入保障(三井住友海上あいおい生命)

公式ページ

 

「&LIFE新収入保障」も、「じぶんと健康のお守り」と同じく保険料の安さにまず最も大きな強み・メリットを持つ商品です。

 

この商品の特徴は、保障範囲を幅広く設定できるという点にあります。

 

基本的に収入保障保険は、死亡保障のみに限られたタイプの保険です(死亡保障保険)。

 

しかし、特約(有料オプション)を付け加えることで、より保障範囲を広めることが可能です。

 

「&LIFE新収入保障」の場合は保障範囲の広さでT型、U型、V型と3つのタイプが用意されており、障害者、要介護状態、就労不能状態になった際にも保険金が受け取れるプランを組むことが可能です。

 

 

&LIFE収入保障保険の3タイプ

T型・・死亡・高度障害のみ保障

 

U型・・T型に加えて「障害・介護」状態も保障

 

V型・・U型に加えて「就労不能」状態も保障

U型、V型は「&LIFE新総合収入保障」と商品名が少し変わります

 

 

最も安い保険料で死亡保障のみに絞りたいのであればT型を、さらに広い保障範囲が欲しいならU型、V型を、という選び分けが可能です。

 

ただし当然ながら、保障を手厚くするほど保険料も上がっていきます。

 

こうしたより幅広い保障範囲にメリットを感じる方であれば、保険料とのバランスも考えながら積極的に検討していく価値のある商品と言えます。

 

参照
より広い保障が得られる!&LIFE新収入保障評価レビュー

 

 

家計にやさしい収入保障(T&Dフィナンシャル生命)

公式サイト

 

「家計にやさしい収入保障」も、先に挙げた2つと同じく保険料の安さに強み・メリットがある商品です。

 

特徴としては、がん、心臓病、脳血管疾患などの三大疾病でも保険金を受け取れる特約を付加できる点が挙げられます。

 

具体的には、所定の三大疾病になると死亡保険金と同額を一定期間(1年もしくは5年を選択可能)受け取ることが可能です。

 

ただし率直なところ、それほど必要性の高い特約とまでは言えませんので、基本的にはコストパフォーマンスの良さや、自分の希望する保険プランが他社商品よりも組みやすいかどうかで判断していくべきと考えます。

 

参照
三大疾病でも保険金!家計にやさしい収入保障評価レビュー

 

 

収入保障保険は各商品の違いを理解して選ぼう!

家族

 

以上、現在おすすめの3商品を挙げました。

 

上位の商品になってくると保険料に極端な差があるわけではないので、このページ冒頭にあげたランキング表、評価レビューで各商品の違いを比較しながら選んでいくのがおすすめです。

 

ちなみに保険料の安さ以外に、各社の収入保障保険を選び分ける要素としては以下の項目が挙げられます。

 

 

  • 「非喫煙割引」「健康体割引」の有無
  • セカンドオピニオンサービス「ティーペック」の有無
  • 三大疾病でも保険金が払われる特約の有無
  • 保険料免除の範囲の広さ
  • 保険金受け取りの自由度の高さ

 

 

どの要素を重視するかでベストな収入保障保険は変わってきますので、ぜひ各商品の評価レビューを読み比べて選ばれることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

収入保障保険比較おすすめランキング2018!安さ重視で選ぶベスト3記事一覧

A+評価:ひまわりの収入保障保険「じぶんと家族のお守り」は最安&だんだん割でお得...

公式サイト 2018年7月更新:「じぶんと家族のお守り」評価レビュー「だんだん減」で安くなる!損保ジャパン日本興亜ひまわり生命から販売されている収入保障保険「じぶんと家族のお守り」は、2018年の改定によって保険料が最安クラスになりました。保険料が少しずつ安くなっていく「だんだん減(だんだんべり)」や、健康体に...

≫続きを読む

A+評価:家計にやさしい収入保障は三大疾病でも保険金!評判レビュー(T&...

公式サイト 2018年7月更新:「家計にやさしい収入保障」評判レビュー三大疾病でも保険金が出る!T&Dフィナンシャル生命から販売されている収入保障保険「家計にやさしい収入保障」は、現在トップクラスの安さでコストパフォーマンスに優れた保険です。特に死亡時のみならず、がん・心臓疾患・脳血管疾患などの三大疾病でも保険...

≫続きを読む

A+評価:&LIFE新収入保障は保障範囲が広い!評判レビュー(三井住友海上あいお...

公式ページ 2018年7月更新:&LIFE新収入保障、&LIFE新総合収入保障(三井住友海上あいおい生命)レビュー保障範囲が広い!三井住友海上あいおい生命から販売されている収入保障保険「&LIFE新収入保障(あんどらいふしんしゅうにゅうほしょう)」は、コストパフォーマンスに優れた優良商品のひとつです。しかしその...

≫続きを読む

A評価:チューリッヒの収入保障保険プレミアムは安い&自由度高し!評判レビュー

公式ページ 2018年7月更新:収入保障保険プレミアム評価レビュー最安クラスの収入保障保険!2014年にチューリッヒから発売された「収入保障保険プレミアム」は、現在各社を比較して上位クラスの安さを実現している商品です。また、保険プランの設定しやすさ、保険金の受け取り方の自由度の高さにもメリットのある商品です。当...

≫続きを読む

A評価:メディフィット収入保障は保険料免除条件が緩い!評判レビュー(メディケア生...

公式ページ 2018年7月更新:「メディフィット収入保障」評価レビュー保険料支払い免除がされやすい!メディケア生命から販売されている収入保障保険「メディフィット収入保障」は、三大疾病(がん、心臓疾患、脳血管疾患)となった際の保険料支払いが免除されやすい点に特徴があります。保険料も他社と比較して安めで優れているた...

≫続きを読む

B+評価:ソニー生命の家族収入保険は要介護も保障!評判レビュー

公式ページ 2018年7月更新:「家族収入保険」レビュー要介護状態でも保険金がおりる!ソニー生命から販売されている収入保障保険「家族収入保険」は、特約をつけることで「要介護状態」「特定障害状態」まで保険金がおりることに特徴を持つ商品です。また近年の改定により保険料も安くなってきており、こうした手厚い保障に魅力を...

≫続きを読む

B評価:マイディアレスト(メットライフ)は三大疾病も保障だが高め。評判レビュー

母子 2018年7月更新:マイディアレスト(メットライフ生命)評判レビュー三大疾病でも保険金が支払われる!メットライフ生命から販売されている収入保障保険「マイディアレスト」は、死亡時のみならずがんなどの三大疾病となった際にも保険金が払われる特約(オプション)が付加できる点に特徴があります。ただし、この特約...

≫続きを読む

B+評価:こだわり収入保障は安さと自由度に強みあり!評価レビュー(マニュライフ生...

公式ページ 2018年7月更新:「こだわり収入保障」評価レビュー自由度の高い優良商品!マニュライフ生命の収入保障保険「こだわり収入保障」は、保険金の受け取り方の自由度に特徴を持つ優良商品です。しかしながら、ほぼ似た特徴を持ちながらわずかに条件が上回る商品があり、その他に積極的に選ぶべき特徴も見られないため、当サ...

≫続きを読む

B+評価:アクサダイレクト収入保障2は喫煙者向き&健康相談サービス!評判レビュー

公式ページ 2018年7月更新:アクサダイレクト「収入保障2」評判レビュー喫煙者なら有力候補!アクサダイレクトから販売されている収入保障保険「収入保障2」は、喫煙者にとって最安クラスの保険料となっている点に一番の特徴を持つ商品です。当サイトでもB+評価と平均以上のランキングづけとしています。同様に喫煙者向けの収...

≫続きを読む

B+評価:オリックス収入保障保険Keep(キープ)は喫煙者向き!評判レビュー

公式サイト 2018年7月更新:キープ(オリックス生命)評判レビュー喫煙者でトップクラスの安さ!オリックス生命から販売されている収入保障保険「Keep」は、喫煙者/非喫煙者の区別がされない商品の中ではトップクラスの安さとなっており、特に喫煙者であれば第一に候補として検討してみたいところです。一方、同じく喫煙者で...

≫続きを読む

B評価:家計保障定期保険NEOは就業不能も保障!評判レビュー(東京海上日動あんし...

公式ページ 2018年7月更新:家計保障定期保険NEO評価レビュー「働けない」もカバー!東京海上日動あんしん生命から販売されている収入保障保険「家計保障定期保険NEO」は、死亡時の生活保障のみならず、病気やケガで働けなくなった際にもある程度の保障が受けられることにメリットを持つ商品です。特にその保険金を受けられ...

≫続きを読む

B評価:アフラック収入保障保険GIFT(ギフト)はコスパの悪さにデメリットあり。...

公式ページ 2018年7月更新:ギフト(アフラック)評判レビューアフラックの収入保障保険!がん保険でナンバーワンの契約数を持つことで有名なアフラックから販売されている収入保障保険が「GIFT(ギフト)」です。「アフラック」の知名度の高さに惹かれて気になるところではありますが、コストパフォーマンスが悪いうえにメリ...

≫続きを読む

合理的!収入保障保険とは保障額が変化する新しい生命保険

お金 合理的!収入保障保険とは保障額が変化する新しい生命保険安く長めの保障を得られる!生命保険(死亡保障保険)のひとつである収入保障保険は、お給料のように毎月、保険金を受け取るタイプの保険です。近年では「ライフステージの変化に合わせた合理的な保険」としてFPなどマネープランの専門家からもおすすめされること...

≫続きを読む

月二千円!安い&賢い収入保障保険プランはずばりこれ

兄弟 月二千円!安い&賢い収入保障保険プランはずばりこれ月2000円で賢く備える!3種類の生命保険(終身保険、定期保険、収入保障保険)の中でも、特に「ライフステージの変化に合わせて死亡保険金が変動する」「長期の保障を安く得られる」という合理的な特徴を持つのが収入保障保険です。ただこの保険は、死亡時に決まっ...

≫続きを読む

収入保障保険はなぜ長期の保障向き?終身保険、定期保険と徹底比較!

母子 収入保障保険はなぜ長期の保障向き?終身保険、定期保険と徹底比較!長い保障が欲しいなら収入保障保険!死亡保険金を「毎月、お給料のようなかたちで受け取る」収入保障保険は、子どもの成人まで長めに生活保障を得たいと考える世帯にとってはベストな選択肢です。なぜなら、保険料が最も安くなるからです。「安い生命保険...

≫続きを読む

各社の収入保障保険の違いは?選び分けで重視すべきは保険料の安さ!

相談 収入保障保険で最も重視すべきは保険料の安さ!収入保障保険は「安さ」で選べ!「お給料のように毎月、保険金を受け取る生命保険」「ライフステージの変化に合理的に対応できる生命保険」として専門家からの評価も高く、近年広がりを見せている収入保障保険。特に「子育て期に長めの保障をより安く得たい」と考える場合には...

≫続きを読む

収入保障保険のがん保障として三大疾病保険料免除特約はつけるべし!

医者と患者 三大疾病保険料免除特約はがん保障としてつけるべしがん保障として必要な特約!ほとんどの収入保障保険商品には「三大疾病時の保険料免除特約」がついています。いわゆる三大生活習慣病(がん、心臓病、脳血管疾患)にかかってしまったらそれ以降の保険料支払いが免除されるという特約です。しかしこの特約は適用されるため...

≫続きを読む

うつ病でも保険金が出る収入保障保険はこれ!その必要性は?

うつの女性 うつ病でも保険金が出る収入保障保険はこれ!その必要性は?うつ病も収入保障保険でカバーしたい!近年、増える傾向にあると言われるうつ病。いざうつ病となって働くことができなくなると家計に与える影響は大きなものとなるため、何かしら備えが欲しいと考える方も多いと思います。生命保険の一種である「収入保障保険」の...

≫続きを読む

収入保障保険は一括受取も可能。最も便利な商品はこれ!

お金 収入保障保険は一括受取も可能。最も便利な商品はこれ!一度にまとまったお金も受け取れる!「お給料のように保険金を受け取る」タイプの生命保険である収入保障保険は、死亡後に毎月10万円、20万円など決まった額を分割で受け取っていくのが基本です。しかし、まとまった出費が必要な際にはそれらの保険金を分割ではな...

≫続きを読む

収入保障保険の非喫煙割引・健康体割引とは?安くなるお得な仕組み!

禁煙マーク 健康であるほど安くなる収入保障保険の仕組みとは?健康であるほど安くなる!毎月のお給料のように死亡保険金を受け取ることができ、長期の保障をなるべく安く得たい場合に最適の収入保障保険。この収入保障保険は各社商品で様々な違いがありますが、その中でも見分けるポイントのひとつとして注目したいのが非喫煙者割引と...

≫続きを読む

収入保障保険の最低支払保障期間は最短にすべし!

禁煙マーク 収入保障保険の最低支払保障期間は最短にすべし!最低支払保障期間はなるべく短くすべし!収入保障保険を契約する際の最も大事な設定には「保険金額」と「保険期間」がありますが、それに加えて決めていくものに「最低支払保障期間(さいていしはらいほしょうきかん)」があります。保険期間中に亡くなった際に「より長く」...

≫続きを読む

がん、三大疾病でも保障される収入保障保険はこれ!その考え方とは

看護師 がん、三大疾病でも保障される収入保障保険はこれ!その考え方とはがんでも保障される収入保障保険!「お給料のように毎月、保険金を受け取る生命保険」である収入保障保険には、死亡時のみならずがんなどの三大疾病になった際にも保険金が受け取れる特約が存在します。例えば、がん患者の多くはその治療費のみならず治療期...

≫続きを読む

要介護・就労不能もカバーする収入保障保険はとは?メリット&デメリット

介護 要介護状態もカバーする収入保障保険はどれ?メリット・デメリットとは幅広く保障されたい!長めの保障をより安く得られるという特徴を持つ収入保障保険。各社から販売されている収入保障保険商品を選び分けるポイントはいくつかあるのですが、そのひとつとして考えておきたいものに、死亡や高度障害のみならず「要介護や就...

≫続きを読む

ティーペックつき収入保障保険の比較・選び分けポイントはこれ!

公式ページ ティーペックつき収入保障保険の選び分けの基準はずばりこれ健康相談サービスつきがいい!各社がサービスを競う医療保険や生命保険。その中でも注目したいポイントのひとつに「健康相談・セカンドオピニオンサービスの有無」があります。例えば、小さいお子さんがいて「健康相談をいつでもお願いしたい」、健康に不安がある...

≫続きを読む


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング