E-終身(FWD富士生命)の比較・評価レビュー

B評価:E-終身(FWD富士生命)は貯蓄性高め&多様な使いみちあり。評判レビュー

2018年12月更新:E−終身評価レビュー

ヘッダー E-終身 評価

 

 

高めの貯蓄性!

 

 

がん保険の「新がんベスト・ゴールドα」などが有名なFWD富士生命から販売されている終身保険(終身死亡保険)が「E-終身」です。

 

現在の終身保険の中では比較的高めの貯蓄性となっています。

 

また、解約した際の払い戻し金の受け取りを年金タイプにしてより多く受け取れる「年金移行」プランや、介護が必要になった際の保障をてつくする「介護保障」プランが選べるなど、様々な使いみちを選べる点も特徴的です。

 

当サイトではB評価と平均的なランキングづけとしています。

 

では「E-終身」のメリット、デメリットとはどこにあるのでしょうか?以下に他の終身保険商品と比較しながら解説していきます。

 

(最終更新:2018年12月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

「E-終身」はFWD富士生命の前身であるAIG富士生命が販売をスタートさせた終身保険(終身死亡保険)商品で、一時期販売停止されていましたが2018年からまた再開されています。

 

その主な保障内容は以下のようになります。

 

 

E終身公式ページ

FWD生命「E-終身」の加入例

  • 保険料支払期間:30才から60才まで
  • 保険金額:1000万円
  • 保険料:22,630円/月
  • 満期直後(61才時)の解約返戻率:107.6%
  • 三大疾病保険料支払免除:あり
  • リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月と診断時点で保険金給付):無料

 

 

「E-終身」は解約した際に返ってくる解約返戻金の利率があらかじめ固定されている積立利率固定型の終身保険です。

 

また、途中解約した際の返戻金を低く抑える代わりに満期後の解約返戻金の利率を上げた低解約返戻金型の終身保険でもあります。

 

 

低解約返戻金型終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

 

参照
ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険の特長とメリットとは?

 

 

「E-終身」は基本的に終身保険としてはスタンダードな商品構成であり、他社商品と比較しても極端な違いがあるわけではありません。

 

「E-終身」を評価する際のポイントとなるのが、「高めの貯蓄性」「年金移行」「介護保障」「三大疾病保険料免除」などです。

 

 

貯蓄性は比較的高め

貯蓄

 

近年、日本はマイナス金利などの影響で全体的に保険商品の貯蓄性は低下傾向にあります。

 

終身保険もかつて「お宝保険」と言われた商品が販売停止となったり、改定によってそのお得度は薄れつつあります。

 

ただその中でも「E-終身」の貯蓄性は比較的高めの水準にあります。

 

先の加入例にも示したように、30歳で加入→61歳で解約して返戻金を受け取った場合の戻り率(解約返戻率)の目安は約107.6%と、他社商品より高めです。

 

ただし現在の貯蓄性上位の終身保険「こだわり終身保険v2」や「RISE」よりはやや低めで不利となっています。

 

最近の貯蓄性上位の終身保険と返戻率の目安


  • 「こだわり終身保険v2」→ 約114%
  • 「RISE」→ 約111%
  • 「ドルスマート」(ドル建て)→ 約121%

※最近は利回りの低い国内での保険料運用ではなく海外運用で利回りを高めた「外貨建て終身保険」も注目を集めています。各商品の詳しい条件や比較はこちらから↓


参照

激震!貯蓄性で選ぶ終身保険おすすめ比較ランキング

 

貯蓄性を重視するなら、これらの商品とも比較しておきたいところです。

 

 

「年金移行」「介護保障」とは?

笑顔の老夫婦

 

終身保険は死亡時に保険金、もしくは解約時に解約返戻金をまとめて受け取るのが一般的です。

 

しかし、「E-終身」にはこれとは異なる「年金移行」「介護保障」となどのプランに切り替えることも可能です。

 

「年金移行」とは、解約返戻金を受け取る際に一括ではなく5年や10年などに分割して、少しずつ受け取る方法です。

 

分割で受け取ることによって保険会社はより長く保険料を預かって運用に回せるため、もらえる解約返戻金の総額は年金移行プランのほうがより多く受け取れます。

 

一括で受け取ることも分割で受け取ることも選択可能なこの「年金移行」は、あると便利なオプションです。

 

そして「介護保障」とは、もし要介護状態になった時に「介護給付金」や「介護年金」を受け取れるようにするプランであり、いざ介護が必要になった際により大きな保障が得られるプランです。

 

一括で死亡保険金や解約返戻金を受け取るのみならず、こうした多様な使いみちが用意されている点は「E-終身」の特徴&メリットと評価できます。

 

 

「保険料支払免除特約」とは?

バツをするカップル

 

また「E-終身」には、がんや心筋梗塞、脳卒中などの三大疾病となった際ににそれ以降の保険料支払いが免除される保険料払込免除特約がオプションとしてつけられる点にもメリットがあります。

 

この「三大疾病保険料免除」と「ティーペック社の健康相談サービス」を付加したものは「レスキューパック E-終身」という呼び名になります。

 

ただし、この特約(オプション)をつける場合は保険料が少し上がることになり、貯蓄性も少し下がってしまう点には注意が必要です。

 

なお、三大疾病時の保険料免除特約については「こだわり終身保険v2」や「一生のお守り」などが「三大疾病となった時点でその後の保険料をすべて払ったことになり、多額の解約返戻金が受け取れる」という、より優れた内容となっています。

 

保険料免除特約を重視したいなら、これらも比較検討する価値があります。

 

参照
高い返戻率&三大疾病への備え!「こだわり終身保険v2」評価レビュー

 

がん保障が優れる!「一生のお守り」評価レビュー

 

 

デメリットは?

 

「E-終身」のデメリットとしては、まず貯蓄性が挙げられます。

 

現在の終身保険全体の中では解約返戻率は高めではありますが、「こだわり終身保険v2」や「RISE」などわずかに上回るものもありますので、貯蓄性を重視するならそれらとも比較検討してみたいところです。

 

またインフレ対応への弱さもデメリットとして挙げられます。

 

「E-終身」は、死亡保険金や解約返戻率の数字があらかじめ固定されている積立利率固定型です(銀行預金でいう固定金利のようなイメージ)。

 

なので将来インフレ(物価上昇、貨幣価値の低下)が起きたら受け取るお金の価値が実質的に低下することとなります。

 

 

インフレ

 

 

この点が気になるなら積立利率が変動していく「積立利率変動型」や「変額型」の商品を検討する価値があります。

 

参照
終身保険で心配なインフレリスクの正しい考え方とは?

 

 

ただし先に述べた「年金移行」や「介護保障」などへの切り替えができるという独自の特徴も「E-終身」にはありますので、これらにより大きなメリットを感じるなら選ぶ価値は出てくると言えます。

 

 

まとめ

 

他社商品よりも比較的高めの貯蓄性を持ち、「年金移行」「介護保障」「保険料免除特約」などに特徴を持つ「E-終身」。

 

しかし現状ではより貯蓄性の高い他社商品があり、当サイトでは平均的なB評価のランキングづけとしています。

 

ただし「年金移行」「介護保障」などの独自の特徴により強いメリットを感じるなら検討する価値は出てくると言えます。

 

当サイトでは、各終身保険商品の特徴や選び方を比較ランキングづけ、レビューしておりますのでぜひそちらもご参照ください。

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


 

E−終身の評価:A

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング