一生のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)の比較、評価レビュー

B評価:がんに強い保険料免除特約!一生のお守り評判レビュー

2018年12月更新:三大疾病支払免除にメリットあり。「一生のお守り」評価レビュー

一生のお守り 評価 ヘッダー

 

 

がんに強い終身保険!

 

 

ほのぼの系のイラストで親しみやすさを感じさせる損保ジャパン日本興亜ひまわり生命。

 

医療保険でも「新・健康のお守り」など人気商品を出しているこの保険会社の終身死亡保険が「一生のお守り」です。

 

この商品は三大疾病による保険料支払い免除特約に特徴があります。

 

三大疾病と診断された時点で「残りの期間の保険料がすでに支払い済み」扱われて、多額の解約返戻金が用意できるというメリットがありますので、その特徴はぜひ知っておきたいところです。

 

特に、日本人の2人に1人が経験すると言われるがんの保障として価値あるものと言えるでしょう。

 

ただしその一方、終身保険で最も重視したい貯蓄性ではベストとまでは言えないため、当サイトではB評価と平均的なランキングづけとしています。

 

では、具体的にこの商品の特徴、メリット、デメリットはどうなっているのでしょうか?

 

他社の商品とも比較しながら以下に述べていきます。

 

(最終更新:2018年12月)

 

 

保険のプロに無料相談!かんたん&便利な申込みはこちらから

 

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、「一生のお守り」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

一生のお守り 公式ページ

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「一生のお守り」の加入例

  • 保険料支払期間:30才から60才まで
  • 保険金額:1000万円
  • 保険料:24,130円/月
  • 満期直後(61才時)の解約返戻率:103.3%
  • 三大疾病保険料支払免除:あり
  • リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月と診断時点で保険金給付):無料

 

 

「一生のお守り」は解約した際に返ってくる解約返戻金の利率があらかじめ固定されている積立利率固定型の終身保険です。

 

また、途中解約した際の返戻金を低く抑える代わりに満期後の解約返戻金の利率を上げた低解約返戻金型の終身保険でもあります。

 

 

低解約返戻金型終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

 

参照
ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険の特長とメリットとは?

 

 

「一生のお守り」は基本的に終身保険としてはスタンダードな商品構成であり、他社商品と比較しても極端な違いがあるわけではありません。

 

この商品の一番の特徴は、三大疾病時の保険料免除特約をつけると、診断された時点でその後の保険料がすべて払ったものとして扱われ、多額の解約返戻金を用意できる点にあります。

 

つまり、三大疾病への金銭的備えを手厚くできるということです。

 

 

三大疾病となった時点で「保険料全納」扱いになる!

患者の笑顔

 

「一生のお守り」の大きな特徴は、三大疾病と診断された時点で残りの保険料は「すべて支払ったもの」と扱われる点にあります。

 

例えば「一生のお守り」に60才払済で加入して40才でがんを発症した場合、その後の保険料支払いは免除されるだけでなく、60才までの残り20年分の保険料がその時点ですべて支払ったこととして扱われます。

 

つまりこれにより、三大疾病になった時点で解約して、それまで支払った保険料以上の多くのまとまった解約返戻金を得ることができます。

 

 

三大疾病と診断された年齢と、その時点で解約した場合の返戻率のイメージ

 

保険料の払込総額

返戻金

返戻率

35才 約72万 約409万 約568%
40才 約144万 約417万 約290%
50才 約288万 約435万 約151%

※30才男性/死亡保障500万円/60才払済の場合
※数字は概算

 

 

イメージ(公式サイトより引用)

三大疾病時の解約返戻率

 

 

例えばがんになって治療費が多く必要になった、休職せざるを得ず収入が減ってしまった、などの場合には「一生のお守り」を解約してまとまった解約返戻金を活用できるようになるのです。

 

他社の多くの免除特約は保険料支払いが免除になるだけで、「その後も満期まで毎月保険料を支払い続ける」という扱いになるので、満期前に三大疾病となった時点で解約しても払った保険料のせいぜい5〜7割程度しか返ってきません。

 

「一生のお守り」は三大疾病になった時点でも、まとまったお金がすぐ用意できるという強みがあります。

 

特に今や日本人の2人に1人はかかると言われる、がんへの備えを手厚くしたい場合には大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

貯蓄性がやや低めなのがデメリット

 

一方、「一生のお守り」のデメリットとしては貯蓄性が挙げられます。

 

以前は終身保険の中でもトップクラスの解約返戻率でしたが、マイナス金利政策などの影響を受けて現在は低下傾向にあります。

 

先に示した加入例では解約返戻率は約103%と決して他社商品と比較して高いほうとは言えません。

 

 

最近の貯蓄性上位の終身保険と返戻率の目安


  • 「こだわり終身保険v2」→ 約114%
  • 「RISE」→ 約111%
  • 「ドルスマート」(ドル建て)→ 約121%

※最近は利回りの低い国内での保険料運用ではなく海外運用で利回りを高めた「外貨建て終身保険」も注目を集めています。各商品の詳しい条件や比較はこちらから↓


参照

激震!貯蓄性で選ぶ終身保険おすすめ比較ランキング

 

 

終身保険で最も重視すべきは貯蓄性ですので、この点は十分理解したうえで検討したいところです。

 

ちなみに先に説明した「一生のお守り」の、「三大疾病になったら多額の解約返戻金が用意できる」という保険料免除特約は、現在より貯蓄性の高い「こだわり終身保険v2」にも存在します。

 

三大疾病への保障、そして貯蓄性を重視するならこちらの商品とも比較検討してみたいところです。

 

参照
三大疾病にも備えられる!「こだわり終身保険v2」評価レビュー

 

 

総評&どんな人が「一生のお守り」を選ぶべき?

 

がんなどの三大疾病になった時点で保険料を「すべて支払い済み」として、まとまった解約返戻金を受け取れる特徴を持つのが「一生のお守り」の大きな特徴です。

 

貯蓄性(解約返戻率)では決してベストとは言えませんが、この点により大きなメリットを感じる方なら検討する価値はあると言えます。

 

当サイトではB評価と平均より高めのランキングづけとしています。

 

他にも、様々な特徴を持つ保険商品がありますので、その他の評価レビューも比較参考にされることをおすすめします。

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


 

一生のお守りの総合評価B+

 

スポンサーリンク




保険の専門家に、気軽に無料相談!

保険コネクト


「自分に合う保険を知りたい」「もっと保険料を安くしたい」


そんな時に便利なのが、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)への無料相談です。


「保険コネクト」なら、しつこい勧誘なしであなたにぴったりの保険プランサポートが、身近な場所で受けられます。


今なら旅行や食事までお得になります。



↓無料相談はこちらから↓
保険コネクト



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング