こだわり終身保険v2(マニュライフ生命)評価・評判レビュー

A評価:こだわり終身保険v2は高返戻率&三大疾病保障が有利!評判レビュー(マニュライフ生命)

2018年12月更新:こだわり終身保険v2(マニュライフ生命)評価レビュー

ヘッダー こだわり終身保険の評価・評判とは

 

 

高返戻率&三大疾病も保障!

 

 

マニュライフ生命から販売されている終身保険(終身死亡保険)の「こだわり終身保険v2」は、現在各社で販売されている終身保険商品の中ではトップクラスの貯蓄性の高さを最大の特徴としています。

 

また特約をつければ、がんなどの三大疾病となった際にその後の保険料が「払ったもの」として扱われ、その時点で解約しても多めの解約返戻金を受け取ることができます。

 

つまり、三大疾病への備えに優れているというメリットもあります。

 

現在の終身保険の中ではぜひ検討してみたい商品のひとつと評価できるため、当サイトではA評価のランキングづけしています。

 

では、具体的に「こだわり終身保険v2」はどんな商品で、他社と比較するとどういうメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

以下に述べていきます。

 

(最終更新:2018年12月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

「こだわり終身保険v2」は2014年にリニューアルされて「v2」の文字が加わった終身保険(終身死亡保険)商品です。

 

主な保障内容は以下のようになります。

 

 

公式

マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」の加入例

  • 保険料支払期間:30才から60才まで
  • 保険金額:1000万円
  • 保険料:20,310円/月(非喫煙者割引適用)
  • 満期直後(61才時)の解約返戻率:113.7%
  • 三大疾病保険料支払免除:あり
  • リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月と診断時点で保険金給付):基本保障に含まれる

 

 

「こだわり終身保険v2」は解約した際に返ってくる解約返戻金の利率があらかじめ固定されている積立利率固定型の終身保険です。

 

また、途中解約した際の返戻金を低く抑える代わりに満期後の解約返戻金の利率を上げた低解約返戻金型の終身保険でもあります。

 

 

低解約返戻金型終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

 

参照
ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険の特長とメリットとは?

 

 

「こだわり終身保険v2」は基本的に終身保険としてはスタンダードな商品構成であり、他社商品と比較しても極端な違いがあるわけではありません。

 

この商品の大きな特徴は、他社商品と比較した場合の貯蓄性の高さ、そして三大疾病への備えが優れているという二点が挙げられます。

 

 

終身保険としての貯蓄性は現在トップクラス

貯蓄

 

現在、マイナス金利などの影響を受けて終身保険の貯蓄性は全体的に低下する傾向にあります。

 

その中でも「こだわり終身保険v2」はトップクラスの貯蓄性となっており、ここが最も大きな魅力となっています。

 

 

最近の貯蓄性上位の終身保険と返戻率の目安


  • 「こだわり終身保険v2」→ 約114%
  • 「RISE」→ 約111%
  • 「ドルスマート」(ドル建て)→ 約121%

※最近は利回りの低い国内での保険料運用ではなく海外運用で利回りを高めた「外貨建て終身保険」も注目を集めています。各商品の詳しい条件や比較はこちらから↓


参照

激震!貯蓄性で選ぶ終身保険おすすめ比較ランキング

 

 

30歳で加入→61歳で解約して返戻金を受け取った場合の戻り率(解約返戻率)の目安は約114%と、他社商品を上回っています。

 

老後に向けた資産運用のひとつとして利用されることが多い終身保険は何よりまず貯蓄性が重視されますので、その点において「こだわり終身保険v2」には大きなメリットがあると評価できます。

 

ただし、こうしたトップクラスの貯蓄性となるのは非喫煙者割引が適用された場合となる点には注意が必要です(過去1年間、喫煙していないなど所定の条件を満たす必要あり)。

 

 

三大疾病となった時点で「保険料全納」扱いになる!

患者の笑顔

 

もうひとつ「こだわり終身保険v2」の大きな特徴として、特約(有料オプション)としてつけられる「三大疾病保険料免除特約」の充実が挙げられます。

 

一般的に終身保険の三大疾病保険料免除特約は、がんなどの三大疾病になったらその後の毎月の保険料を払う必要はなく、その後も「毎月払われていくもの」として扱われます。

 

しかし「こだわり終身保険v2」の場合、三大疾病と診断されたら残りの期間の保険料は「すでにすべて支払ったもの」として扱われます。

 

例えば60才払済で加入して40才でがんを発症した場合、その後の保険料支払いは免除されるだけでなく、60才までの残り20年分の保険料がその時点ですべて支払ったものとして扱われます。

 

つまりこれにより、三大疾病になった時点で解約して、それまで支払った保険料以上の多くのまとまった解約返戻金を得ることができます。

 

これは三大疾病時の保障が手厚くできるということを意味します。

 

基本的に病気への備えは医療保険やがん保険がメインとなりますが、「終身保険でも三大疾病に備えたい」と考える場合には大きなメリットとなります。

 

ちなみにこの「三大疾病になった時点で残りの保険料が全納扱い」となる特約は「一生のお守り」(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)にも存在します。

 

 

一生のお守り 公式ページ

 

参照
三大疾病にも備えられる!「一生のお守り」評価レビュー

 

 

ただし現在、貯蓄性(解約返戻率)という点で比較すると「こだわり終身保険v2」がより優れていますので、こちらがより有利と当サイトでは評価しています。

 

またこの三大疾病特約は有料オプションであり保険料が上乗せされますので、貯蓄性(解約返戻率)がやや下がるという点にも気をつけておく必要があります。

 

 

「こだわり終身保険v2」のデメリットは?

 

「こだわり終身保険v2」のデメリットとしては、インフレ対応への弱さが挙げられます。

 

「こだわり終身保険v2」は、死亡保険金や解約返戻率の数字があらかじめ固定されている積立利率固定型です(銀行預金でいう固定金利のようなイメージ)。

 

なので将来インフレ(物価上昇、貨幣価値の低下)が起きたら受け取るお金の価値が実質的に低下することとなります。

 

 

インフレ

 

 

この点が気になるなら積立利率が変動していく「積立利率変動型」や「変額型」の商品を検討する価値があります。

 

参照
終身保険で心配なインフレリスクの正しい考え方とは?

 

 

まとめ

 

「高返戻率」「三大疾病への保障」にメリットがある「こだわり終身保険v2」。

 

全体的に貯蓄性が下がり続ける終身保険において、比較的貯蓄性が高いということから当サイトではA評価のランキングづけとしています。

 

終身保険を検討したい方はぜひ選択肢のひとつとして挙げておくことをおすすめします。

 

当サイトでは、各終身保険商品の特徴や選び方を比較ランキングづけ、レビューしておりますのでぜひそちらもご参照ください。

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


 

classa

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング