つづけトク終身(メットライフ生命)の比較・評価レビュー

B評価:インフレに強いが貯蓄性低し つづけトク終身評判レビュー

2018年12月更新:インフレに強いが貯蓄性低し。「つづけトク終身」評価レビュー

つづけトク終身 評価 ヘッダー

 

 

インフレに強い終身保険!

 

 

スヌーピーをイメージキャラクターとして、積極的な広告展開でふだんから目にする機会も多いメットライフ生命から出ている終身保険(終身死亡保険)が「つづけトク終身」です。

 

この商品の一番の特徴は、解約した際の払い戻し金(解約返戻金)が、市場金利に合わせて変動する積立利率変動型であるという点です。

 

20年や30年の長期契約となった場合の将来的なインフレ(物価の上昇)に対応できるというメリットがあります。

 

ただし、近年の改定により保険料アップ&貯蓄性が大幅に低下したため、当サイトではB評価のランキングづけとしています。

 

以下に「つづけトク終身」の評価&他社商品と比較してわかる違いについて述べていきます。

 

(最終更新:2018年12月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、「つづけトク終身」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

つづけトク終身公式ページ

 

メットライフ生命「つづけトク終身」の加入例

  • 保険料支払期間:30才から60才まで
  • 保険金額:1000万円
  • 保険料:29,660円/月
  • 満期直後(61才時)の解約返戻率:85.9%(変動)
  • 年金移行:あり
  • 三大疾病保険料支払免除:付加できる
  • リビング・ニーズ特約(余命6ヶ月と診断された時点で保険金が給付):付加できる

 

 

「つづけトク終身」は、途中解約した際の返戻金を低く抑える代わりに満期後の解約返戻金の利率を上げた「低解約返戻金型」の終身保険です。

 

 

※低解約返戻金型終身保険のイメージ

低解約返戻金型終身保険のイメージ

 

 

参照
ローコストで高利率!「低解約返戻金型」終身保険の特長とメリットとは?

 

 

三大疾病保険料免除特約やリビング・ニーズ特約があったり、医療専門家による健康相談&セカンドオピニオンがいつでも受けられるサービスが付帯しているなど内容は充実しています。

 

「つづけトク終身」は基本的にスタンダードな商品構成となっています。

 

「つづけトク終身」の最大の特徴は積立利率変動型の終身保険であるという点であり、ここをどう見るかが評価する際の大きな判断ポイントとなります。

 

 

「積立利率変動型」とは何か?

上昇するグラフ

 

では、そもそも「積立利率変動型」の終身保険とは何でしょうか?

 

多くの終身保険は死亡保険金や解約返戻率があらかじめ固定された「積立利率固定型」ですが、「積立利率変動型」の場合はその利率が定期的に見直されて変動します。

 

積立利率とは、払い込んだ保険料に対してつく利子のようなものです。

 

「積立利率変動型」の終身保険とはつまり銀行預金でいう変動金利のつく終身保険とイメージすればわかりやすいと思います。

 

変動型といっても最低保証利率(つづけトク終身は0.6%)が設定されているため極端に落ち込むことはなく、死亡時の保険金額も契約時のものが保障されます。

 

「積立利率変動型」終身保険の利率は市場金利(主に国債)の動向にほぼ連動しており、インフレ(物価の上昇)が起きて市場金利が上昇すると、積立利率も上昇して恩恵を受けることになります。

 

このため、積立利率変動型の終身保険はインフレに強い終身保険と言われています。

 

終身保険は長期間、お金を保険会社に預けることになります。

 

そして日本が今後、インフレになるという見方も少なくありません。

 

インフレで貨幣価値が下がっても対応できる積立利率変動型の終身保険は、専門家からもおすすめする声は多くあります。

 

この点を重視する人にとっては、積立利率変動型の終身保険は価値が高いと言えます。

 

参照
「積立利率変動型」の終身保険とは何?特徴&意外なデメリット

 

終身保険の弱点!インフレリスクを正しく理解しよう

 

 

「つづけトク終身」は低めの貯蓄性がデメリット

貯蓄

 

終身保険選びで最も重視すべきポイントは、満期後に解約したらどれだけお金が増えて戻ってくるかという貯蓄性にあります。

 

「積立利率変動型」でインフレにも対応できるのがメリットの「つづけトク終身」ですが、その貯蓄性は他社商品と比較して決して高いとは言えません。

 

先の加入例にも示したように、30歳で加入→満期直後に解約して返戻金を受け取った場合の戻り率(解約返戻率)の目安は約85.9%元本割れします(最低保証利率0.6%で試算)。

 

ちなみに現在の貯蓄性上位の終身保険は以下の通りとなっています。

 

 

最近の貯蓄性上位の終身保険と返戻率の目安


  • 「こだわり終身保険v2」→ 約114%
  • 「RISE」→ 約111%
  • 「ドルスマート」(ドル建て)→ 約121%

※最近は利回りの低い国内での保険料運用ではなく海外運用で利回りを高めた「外貨建て終身保険」も注目を集めています。各商品の詳しい条件や比較はこちらから↓


参照

激震!貯蓄性で選ぶ終身保険おすすめ比較ランキング

 

 

貯蓄性を重視するなら、これらの商品も有力な選択肢となります。

 

特に「ドルスマート」は「つづけトク終身」と同じ積立利率変動型で最低保証利率3.0%と高水準にあります。

 

インフレ対応を重視して終身保険を選びたいなら、こちらも比較検討してみたいところです。

 

 

総評&どんな人が「つづけトク終身」を選ぶべき?

 

「積立利率変動型」終身保険である「つづけトク終身」は、インフレ対応に強みを持つ終身保険です。

 

将来的なインフレリスクを危惧している感じる方なら検討する価値があります。

 

ただし現状では「貯蓄性が低い」というデメリットもあるため、この点も十分理解しておく必要があります。

 

どのポイントを重視するかでベストな終身保険選びは変わりますので、ぜひ当サイトの他の商品レビューやランキングもご参照ください。

 

「そもそも終身保険って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


必要性&選び方がすぐわかる!終身保険おすすめ比較ランキング2017


 

つづけトク終身の評価:C

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング