アフラック定期保険評価レビュー

C評価:アフラック定期保険「Lightフィットプラン」はコスパ優れず。評判レビュー

2018年10月更新:アフラック「Lightフィットプラン」評価レビュー

ヘッダー Lightフィットプラン

 

 

アフラックの定期保険!

 

 

日本でトップクラスの知名度を誇るアフラック生命保険から販売されている定期保険(定期死亡保険)が「Lightフィットプラン」です。

 

この商品を選ぶかどうかは、不慮の事故で死亡した場合に限り保険金が2倍になるという災害死亡割増特約をどう評価するかで決まってきます。

 

がん保険でトップクラスのシェアを誇ることなどで知られるアフラックですが、この「Lightフィットプラン」に関してはコストパフォーマンスの悪さのほうがデメリットとして目立つため、当サイトではC評価と低めのランキングづけとしています。

 

以下に、「Lightフィットプラン」の特徴と他社商品と比較してわかる違いについて述べていきます。

 

(最終更新:2018年10月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも定期保険(定期死亡保険)って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


安さ重視!定期保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、「Lightフィットプラン」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

公式

「Lightフィットプラン」(アフラック生命)の加入例

  • 保険金額:1000万円
  • 加入期間:10年間
  • 30才契約時の保険料:2,400円/月
  • 40才契約時の保険料:3,440円/月
  • 死亡・もしくは高度障害で保険金を支払い
  • 不慮の事故で死亡もしくは高度障害状態になったら保険金が2倍の2000万円となる(災害死亡割増特約)

※ノンスモーカー割引特約を適用して計算

 

 

そもそも定期保険(定期死亡保険)は、ほぼ「死亡保障のみ」というシンプルなものなので各社の保障内容にはほとんど違いがありません。

 

「Lightフィットプラン」も、死亡保障を中心にしたシンプルかつスタンダードなプランとなっています。

 

各社で内容に差がほとんど無い定期保険の最大の比較ポイントは保険料の安さにあります。

 

各社の定期保険商品と「Lightフィットプラン」の保険料を比較すると以下の通りとなります。

 

 

※主な定期保険の保険料比較

商品名

保険料/月

メディフィット定期 977円
アクサダイレクトの定期保険2 1,050円
定期保険プレミアム 1,500円(1,050円)
かぞくへの保険 1,068円
スーパー割引定期保険 1,140円(1,800円)
あいぷらす 1200円
ブリッジ 1,168円
楽天生命ラブ 1,280円

Lightフィットプラン

2,640円(2,400円)

※30才男性/保険期間10年/保険金1000万円で計算。()内の金額は非喫煙健康体割引適用

 

 

「Lightフィットプラン」の保険料は他社の定期保険と比較しても割高となっています。

 

この割高な保険料の理由は「Lightフィットプラン」独自の災害死亡割増特約にあります。

 

この特約をどう捉えるかで「Lightフィットプラン」の見方が決まってきます。

 

以下に解説していきます。

 

 

独自の「災害死亡割増特約」とは?

 

「Lightフィットプラン」には、他社の定期保険商品にはない独自の災害死亡割増特約というのがあります。

 

これは不慮の事故で死亡した場合には通常の死亡保険金のみならず、「災害死亡割増特約金」が加わって2倍の保険金が支払われるというものです。

 

 

事故

 

例えば先に挙げた死亡保険金1000万円で契約した場合は以下の通りとなります。

 

  • 通常の死亡→死亡保険金1000万円
  • 不慮の事故で死亡→死亡保険金1000万円+災害死亡割増特約金1000万円=2000万円

 

「Lightフィットプラン」は不慮の事故への保障を手厚くしているぶん、保険料が他社と比較して高めに設定されています。

 

 

「不慮の事故」だけ保障を手厚くすべき?

考える女性

 

他社商品と比較して割高な保険料である「Lightフィットプラン」を選ぶかどうかは、保険金を2倍にして「不慮の事故」に手厚く備えたいかどうかと言い換えることができます。

 

当サイトでは定期保険を「子供が生まれてから当面の保障をなるべく安く抑える」場合におすすめしています。

 

参照
定期保険(定期死亡保険)とは何?選び方は?おすすめ比較ランキング

 

 

そもそも子育て期のまだ若い親が死亡する確率は低く、不慮の事故で死亡する確率となるとさらに低くなります。

 

そもそも不慮の事故で亡くなったからといって、その他の死亡原因に比べて特別お金が必要になるとは限りません。

 

こうした点を考えれば、不慮の事故に特別手厚く備える必要性は高くないと当サイトでは判断します。

 

むしろ他社商品と比較して倍近くになる保険料がデメリットとなるため、当サイトでは「Lightフィットプラン」よりもより安い他社の定期保険商品を検討すべきと考えます。

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

保険料が割高である代わりに不慮の事故への保障が手厚くなっている点に特徴がある「Lightフィットプラン」。

 

ただし、当サイトでは不慮の事故に特別手厚く備える必要性は薄いと判断しているためめ、C評価と低めのランキングづけとしています。

 

当サイトではその他の定期保険レビューや比較ランキングも紹介しておりますのでそちらもぜひご参照ください。

 

「そもそも定期保険(定期死亡保険)って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


安さ重視!定期保険おすすめ比較ランキング2018


 

C評価

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング