メディフィット定期 評価レビュー

A+評価:メディフィット定期は2018年最安の定期保険!評判レビュー(メディケア生命)

2018年9月更新:「メディフィット定期」評価レビュー

ヘッダー メディフィット定期評価

 

 

最安クラスの定期保険!

 

 

メディケア生命から販売されている「メディフィット定期」はシンプルな保障内容と保険料の安さに特徴を持つ定期保険(定期死亡保険)です。

 

特に2018年9月の保険料改定により、他社商品と比較しても最安クラスの保険料となりました。

 

定期保険は保険料の安さを最重視すべきですので「メディフィット定期」は現在、定期保険の第一選択肢と言えます。

 

契約者が喫煙/非喫煙かによって保険料が分類されることもないタイプの商品でもあり、加入のしやすさ、コストパフォーマンスともに優れた商品と評価できます。

 

当サイトでもA+評価と高いランキングづけとしています。

 

以下に、「メディフィット定期」の特徴と他社商品と比較してわかる違いについて述べていきます。

 

(最終更新:2018年9月)

 

 

気軽に無料相談!最寄りの保険ショップ検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも定期保険(定期死亡保険)って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


安さ重視!定期保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、「メディフィット定期」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

メディフィット定期 公式

「メディフィット定期」(メディケア生命)の加入例

  • 保険金額:1000万円
  • 加入期間:10年間
  • 30才契約時の保険料:977円/月
  • 40才契約時の保険料:1,847円/月
  • 死亡・もしくは高度障害で保険金を支払い
  • 所定の障害状態になるとその後の保険料支払いは免除

 

 

そもそも定期保険(定期死亡保険)は、ほぼ「死亡保障のみ」というシンプルなものなので各社の保障内容にはほとんど違いがありません。

 

「メディフィット定期」も、死亡保障を中心にしたシンプルかつスタンダードなプランとなっています。

 

各社で内容に差がほとんど無い定期保険の最大の比較ポイントは保険料の安さにあります。

 

各社の定期保険商品と「メディフィット定期」の保険料を比較すると以下の通りとなります。

 

 

※主な定期保険の保険料比較

商品名

保険料/月

メディフィット定期 977円
アクサダイレクトの定期保険2 1,050円
定期保険プレミアム 1,500円(1,050円)
かぞくへの保険 1,068円
スーパー割引定期保険 1,140円(1,800円)
あいぷらす 1200円
ブリッジ 1,168円
楽天生命ラブ 1,280円
Lightフィットプラン 2,640円(2,400円)

※30才男性/保険期間10年/保険金1000万円で計算。()内の金額は非喫煙健康体割引適用

 

 

「メディフィット定期」の一番のメリットは、2018年の改定によって他社と比較しても保険料がトップクラスの安さを実現している点にあります。

 

当サイトでもこの点を最も評価して現在おすすめの定期保険に挙げています。

 

また保険料の安さ以外に「メディフィット定期」には以下の4つの特徴があります。

 

 

  • 喫煙/非喫煙によって保険料が分類されない
  • リビング・ニーズがない
  • ネット申込みが可能
  • 高齢になるほど保険料は割高になる傾向あり

 

以下にそれぞれについて述べていきます。

 

 

加入時に喫煙の有無を問われない

 

現在の定期保険には、一般的なタイプの他にリスク細分型と呼ばれる新しいタイプのものがあります。

 

リスク細分型とは、契約者の健康状態で保険料が変わるタイプの保険であり、現在の定期保険だと「定期保険プレミアム」(チューリッヒ生命)や「スーパー割引定期保険」(メットライフ生命)などがそれにあたります。

 

 

定期保険プレミアム公式ページ

 

スーパー割引定期保険 公式ページ

 

 

これらは喫煙歴、身長、体重、血圧などを契約前にチェックして申告し、その内容に応じて保険料が変わる仕組みとなっています。

 

上記の表に示した通り、非喫煙で健康体な契約者であれば最も保険料が安くなるため該当する方であればぜひ検討してみたい商品です。

 

参照
非喫煙者におすすめ!定期保険プレミアム(チューリッヒ)評価レビュー

 

リスク細分型!スーパー割引定期保険(メットライフ生命)評価レビュー

 

 

しかし逆にこれらリスク細分型の保険は喫煙者だと保険料は割高となります。

 

一方、「メディフィット定期」は加入の際に喫煙/非喫煙が問われません。

 

また2018年の改定によって「定期保険プレミアム」や「スーパー割引定期保険」を上回るほどのコストパフォーマンスを実現しています。

 

細かい条件分類がなく最安クラスの保険料で加入できるというのは大きなメリットと評価できます。

 

 

 

ネット申し込みが可能

インターネット

 

メディフィット定期はインターネット通販が念頭に置かれた保険商品です。

 

公式サイトからもシミュレーションがしやすく電話によるサポートも対応するなど問い合わせしやすい仕組みとなっています。

 

例えば医療保険やその他の生命保険の場合はやや理解が難しいこともあるので、なるべく保険ショップなど対面で説明を受けるほうがおすすめです。

 

しかし定期保険はその仕組みもプランもシンプルです。

 

 

当サイトおすすめ定期保険プラン

  • 加入タイミング:子供が誕生した時点
  • 保険期間:10年
  • 保険金:1000万円

 

参照
定期保険の賢い加入タイミングと保障期間、必要額は?

 

 

決して複雑な内容ではありませんので、ネット申し込みで加入するのも悪くはありません。

 

 

高齢になるほど保険料は割高になる傾向あり

高齢夫婦

 

当サイトでは「30才男性/保険期間10年/保険金1000万円」で各社の保険料を比較しており、「メディフィット定期」はこの場合最安クラスとなっています。

 

ただしそれ以降の高齢世代でシミュレーションしてみると必ずしも最安とは言い切れない結果も出てきます。

 

上位評価の保険商品になってくると保険料の差は月額で数十円程度の違いしか出てきませんが、とにかく最安にこだわりたいと考えるのであれば、他社商品の見積もりもとって比較するのがおすすめです。

 

参照
安さ重視!定期保険(定期死亡保険)おすすめ評価ランキング

 

 

リビング・ニーズ特約がついてない

 

定期保険に限らず、多くの生命保険商品には「リビング・ニーズ」という特約がついています。

 

これは余命6ヶ月以内と宣告された時点で死亡保険金の一部、もしくは全部を生存中に受け取ることができるという仕組みです。

 

 

入院

 

 

受け取った保険金は、生存中の治療費など様々な使いみちが可能となります。

 

しかし「メディフィット定期」にはこの仕組みがありません。

 

決して利用する可能性の高い特約ではありませんが、この点が気になるようでしたら他社商品も検討する余地が出てきます。

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

喫煙/非喫煙による保険料の区別がないにも関わらず、現在トップクラスの安さである「メディフィット定期」は、ぜひ検討してみたい商品のひとつと評価できます。

 

当サイトでもA+評価と高いランキングづけとしています。

 

ただし高評価の定期保険商品の差はわずかしかないので、実際には他社商品とも保険料を比較して違いを知ったうえで選ばれることをおすすめします。

 

当サイトではその他の定期保険レビューや比較ランキングも紹介しておりますのでそちらもぜひご参照ください。

 

「そもそも定期保険(定期死亡保険)って何?」「他の生命保険との違いは?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


安さ重視!定期保険おすすめ比較ランキング2018


 

A+評価

 

スポンサーリンク




気軽に無料相談!最寄りの保険ショップをかんたん検索&予約

保険ショップ


各社の保険商品をまとめて取り扱い、気軽に無料相談できることで人気と注目を集めているのが来店型の保険ショップです。


「Lifull保険相談」なら、全国1200店以上の保険ショップからあなたの身近な店舗がすぐ見つかり、最短30秒でネットから来店予約が可能です。


「保険はよくわからないから、とりあえず対面で話だけ聞いてみたい」とお考えの方にぴったりのサービスです。



保険ショップの強みとは?



カテゴリ一覧


ホーム 目次 終身保険ランキング 収入保障保険ランキング 学資保険ランキング